「ストレージ・グリッド」を全製品に展開するNetAppの狙い

2004/9/4

 日本ネットワーク・アプライアンスはヘテロジニアス環境のストレージを統合管理し、ストレージのリソースやパフォーマンス、可用性を自在に拡張するための新たなアークテクチャ「ストレージ・グリッド」を、今秋にも国内で展開する考えを明らかにした。米ネットワーク・アプライアンス(NetApp)のゲートウェイ・ビジネス・ユニット担当本部長兼バイスプレジデント ジェフ・ホーナング(Jeff Hornung)氏は、ストレージ・グリッドについて「さまざまな種類のストレージがあっても物理的なロケーションを意識することなく、クライアントからはストレージが1カ所にあるように見える」と説明した。

 日本ネットワーク・アプライアンス 代表取締役社長の鈴木康正氏は、ストレージ・グリッドの国内展開について「今秋から来年にかけて(ストレージ・グリッドを実現するゲートウェイ製品の)SpinServerを発売する。大規模なグリッド環境を備える大学と協力して検証したい」と述べた。

ネットワーク・アプライアンスのゲートウェイ・ビジネス・ユニット担当本部長兼バイスプレジデント ジェフ・ホーナング氏

 ストレージ・グリッドはヘテロジニアス環境のストレージに対して、「グローバル・ネーム・スペース」の名の管理レイヤを設けることで、各ストレージのプロトコルやデータの属性の違いをクライアントから見えなくする技術。ストレージ・グリッドを構築することで複数のストレージを仮想的な1つのストレージに統合できる。ストレージ環境のスケーラビリティが向上し、データ移動や管理が簡単になる。ストレージ利用率も上昇し、システム全体のTCO削減につながるという。

 ストレージ・グリッドのコア技術は、ネットワーク・アプライアンスが買収した米Spinnakerの技術。Spinnakerが開発した「SpinOS」は、異なるストレージ間の通信を行う「SpinNPプロトコル」を使ってヘテロジニアス環境のストレージを仮想的に統合する。米国では、すでにSpinOSを搭載したゲートウェイ製品「NetApp Filer」「NetApp gFiler」を販売している。NetApp製ストレージのほかに日立データシステムズ、IBMのストレージに対応している。今後、ヒューレット・パッカードやEngenioのストレージにも対応する予定。ホーナング氏は「SpinNPプロトコルを使うことで、クライアントから見るとマウントポイントを変更せずに、別々のストレージにアクセスできるようになる」と述べた。ストレージ・グリッドはデータセンターのような閉じた環境だけでなく、遠隔地に設置したストレージが含まれた環境でも構築できるという。

 NetAppではSpinOSを、現在のNetAppのストレージOS「Data ONTAP」に統合していく考え。プライマリ・ストレージからニアライン・ストレージ、NASゲートウェイ、小規模向けストレージの主要製品すべてをストレージ・グリッドに対応させていく方針だ。

(編集局 垣内郁栄)

[関連リンク]
日本ネットワーク・アプライアンス

[関連記事]
お金をもうける情シス部に、ベリタスの新運用管理ソフトがお手伝い (@ITNews)
オープン化の反省から生まれた日立「BladeSymphony」ができること (@ITNews)
ILMはチャーミングな言葉、でも意味不明? (@ITNews)
NetAppが金融向け専任チーム、海外の実績は通用するか (@ITNews)
「ストレージグリッドへの最短距離にいる」、NetApp (@ITNews)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

TechTargetジャパン