監視サービスに情報漏えいオプションを追加、ISS

2006/3/30

 インターネット セキュリテイ システムズは3月29日、中小規模企業向け監視サービス「MPS for SMB」(マネージド プロテクション サービス for SMB)に、情報漏えい対策オプションを追加すると発表した。Winny事件に代表される情報漏えい問題に対処するもの。同社パートナー10社を通じて販売する。

 情報漏えい対策オプションは日本固有の「情報漏えい対策オプションシグネチャリスト」を設定し顧客に提供するもの。「MPS for SMB」の防御保証SLAにあらかじめ組み込まれている「X-Force Certified List」(X-Force認定攻撃リスト)とは別のオプションである。このシグネチャリストには、WinnyやGnutella、WinMXなどのPtoPソフトウェア関連10種類とインスタント・メッセンジャー関連15種類、スパイウェア関連30種類が含まれている。

 同オプションを追加することで顧客企業は、当該イベントがISSのセキュリティ管理センターで検出された場合、電子メールによる自動通知や自動防御を受けることが可能。

[関連リンク]
インターネット セキュリテイ システムズ

[関連記事]
ISS、同社製品でWinnyの通信を検知できるように (@ITNews)
「来年はジャンプ」、ISSが注力する「異常検知」 (@ITNews)
「ボットネットは今後ますます潜伏化する」、ISS (@ITNews)
Webアプリケーションの脆弱性検査を低価格で、ISS (@ITNews)
ISSの専門チーム「X-Force」、個人情報漏えいを防ぐ (@ITNews)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン