システムの見える化・設計ツールに生まれ変わる

ER図や業務フロー図も作成できる新しい「JUDE/Professional」

2007/02/22

チェンジビジョン写真 チェンジビジョン 代表取締役社長 平鍋健児氏

 チェンジビジョンは2月22日、これまで「UML描画ツール」としてアピールしてきた「JUDE/Professional」に新たな機能群を追加することで、システム開発における上流工程(業務分析、設計など)に特化したツールとしての進化を目指すと発表した。「JUDE/Professional」ついて、同社 代表取締役社長 平鍋健児氏は「思考を遮断することなくスムーズに設計へ導くツールにしたい」と話した。

 2月28日にリリースするバージョン3.2は「システムの見える化・設計ツール」のプレバージョンという位置付けで、データモデルの作成を支援するER図作成機能やSQL出力機能などが追加される。バージョン3.2を受けて、「システムの見える化・設計ツール」の正式版として5月にバージョン5.0をリリースする。

 バージョン5.0には、エンティティ定義書の出力機能やマインドマップからのエンティティの出力機能、UMLモデルからERモデルへの変換機能(ERモデルからUMLモデルへの変換も可能)といったER図関連の機能を強化するほか。業務フロー作成機能などを追加する。

 企業システムを開発する場合、業務フローを洗い出し、IT化が必要な要件を洗い出すという作業が発生する。並行して、業務におけるデータモデルを作成するという作業も行う。「UML描画ツール」としての従来の「JUDE/Professional」が担ってきた機能は、業務フローから切り出したIT化要件の記述だったが、IT領域の作業は業務領域とIT領域の接点を洗い出すという作業を前提としたものであった。

 バージョン5.0から「JUDE/Professional」は、業務領域における業務フローの記述を行いながら、IT要件を洗い出し、設計作業に必要な図を作成することが可能となる。

 バージョン5.0以降では、ERと業務フローからCRUD(DBの基本動作。レコードの追加、読み込み、更新、削除)を生成する機能や、業務フローとUMLのユースケースとの連携機能、画面遷移図のサポート、要求分析ツリーの作成支援機能といったシステムの設計作業に必要となる機能を順次追加していく。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン