Webメールユーザーを取り込み

Gmailが読めてタグが使える――「Thunderbird 2」公開

2007/04/19

 Mozilla Japanは4月19日、オープンソースの電子メールクライアントの最新版「Thunderbird 2」を公開した。サーバ設定を行うことなくGmailや.MacなどのWebメールを利用できるようにし、伸びが著しいWebメールユーザーの取り込みも狙う。(詳細な機能紹介は@ITの過去記事「Thunderbird 2(ベータ2)を試してみた」が詳しい)。

 Thunderbird 2ではメッセージに対してタグを付けられるようにした。従来のラベル機能と異なり、ユーザーがタグを新たに設定したり、1つのメッセージに複数のタグを付けられるようになり、メールの整理が効率的になる。また、読んだメッセージの履歴を表示し、Webブラウザのように「戻る」「進む」ボタンをクリックして移動できるようにした。

 従来の電子メールクライアントでWebメールを使おうとするとサーバ設定を行う必要があったが、Thunderbird 2はGmail、.Macのアカウントとパスワードを入力するだけで利用開始できる。

 Thunderbird 2はMozillaのWebサイトからダウンロード可能。Windows Vista/XP、Mac OS X 、Linuxに対応する。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン