Javaが映像とネットをつなげる

CGMを採り入れる次世代DVDの世界

2007/05/12

 次世代DVD規格のBlu-rayのことを「DVDよりも画質が向上したメディア」とだけ思っているとしたら、その認識は改めたほうが良さそうだ。Blu-rayのコンテンツ視聴者は、ほかの視聴者とネットワーク上で映画を見ながら感想を述べ合ったり、X-Menを見ながらX-Menシリーズにまつわるカルトクイズで競ったりできるようになる。

bdj01.jpg 映画X-Menの最新版を見ながらオンライン上で友人とX-Menシリーズのカルトクイズで競う

 米国サンフランシスコで開催中のJavaOneでBlu-rayコンテンツのデモンストレーションを行った米FOXグループの担当者によれば、Blu-rayは、ホームシアターのあり方をがらりと変えるポテンシャルを持っている。「これまで映画産業はコンテンツをパッケージして配布して終わりという形態だったが、そのスタイルは変わろうとしている。視聴者は、Blu-rayプレイヤーを通して同じ映画を見た人と批評や感想を共有したり、ゲームを楽しんだりするようになる」(FOXグループの担当者)。

 Blu-rayプレイヤーの規格の1つとして、「BD-Live」(Blu-ray Disc Live)と呼ばれるプロファイルが標準化されている。現在のところサポートしているプレイヤーは未発売であるものの、BD-LiveをサポートしたBlu-rayプレイヤーは、ネットワーク接続機能と、1GBのローカルストレージを持つ。

 また、すべてのBlu-rayプレイヤーには組み込み向けJavaであるJava MEが搭載されており、これは「BD-J」(Blu-ray Disc Java)と呼ばれる。Javaを使うことで、現在主流のDVDでは実現できない動的なメニューや、インタラクティブなグラフィック表示、ダイナミックなシーン検索ができる。

bdj02.jpg BD-Jを使うと、これまでのDVDではビットマップや色の切り替え程度だったトップメニューのアイコン類を、よりダイナミックに制御することができる
bdj03.jpg 映像に対してグラフィックを重ねた例。海のシーンでは舞台となっている場所をインタラクティブな地図を表示できる。教育用コンテンツなら、映像とJavaによるグラフィカルなコンテンツが融合するメリットはさらに大きいだろう
bdj04.jpg シーン検索の例。「B」→「BATS」(コウモリ)と検索した結果、2つのシーンが検索にヒットしている。実際、この映像の直後にはコウモリが大量に現れた

 BD-Liveの応用として何が出てくるのかまだ分からないが、映画や映像というものが、単に見るだけのものから、それを中心としたコミュニケーションの場へと変わっていく可能性を秘めている。すでにYouTubeやニコニコ動画といったネット上のCGMサービスが先行してしまっているが、Blu-rayコンテンツでも、翻訳字幕や独自の解説を映像に重ねたり、掲示板で感想を述べ合うようになる日が来るのかもしれない。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -