対応版のGoogle Reader公開へ

グーグル、Webアプリをオフライン対応にする「Google Gears」開発

2007/05/31

 米グーグルはWebアプリケーションをオフラインでも利用可能にする技術「Google Gears」を開発した。5月31日の「Google Developer Day」で公開する。グーグルが提供するAPIを組み込むことで、ネット接続が前提のWebアプリケーションを、ネットに接続していない状態でも利用できる。米グーグルのGoogle Gears担当プロダクトマネジャーのオスマン・ララキ(Othman Laraki)氏は「Google Gearsはオフラインでアプリケーションが使えないWebブラウザの問題に対する回答だ」と話した。

gears01.jpg 米グーグルのGoogle Gears担当プロダクトマネジャーのオスマン・ララキ氏。説明会は米国本社とのビデオカンファレンスシステムで行われた

 Google Gearsは3つのAPIで構成する。APIはWebアプリケーションでやり取りするデータをローカルディスクにストアする「ローカルサーバ」、アプリケーションでデータを使えるようにする「データベース」、ローカルデータとネット上のアプリケーションサーバとを同期する「ワーカープール」の3つ。

 データをローカルにストアすることで、ネット接続がない場所や接続が不安定な場所でも、オンライン時と同様の使い勝手を実現する。ネット接続が確立できたタイミングで、ローカルとサーバ側がデータを同期する。「Webブラウザのキャッシュは静的ページにしか対応しないが、Google Gearsは複雑なアプリケーションにも対応できる」(米グーグルのデベロッパプログラム担当 ブレット・テイラー[Bret Taylor]氏)という。

gears02.jpg 米グーグルのデベロッパプログラム担当 ブレット・テイラー氏

 Google GearsはWebブラウザの拡張として機能する。Google Gearsを組み込んだWebアプリケーションを使おうとすると拡張機能をダウンロードするよう求めるポップアップが出現し、機能をダウンロードさせる。1度インストールすれば、別のGoogle Gears対応のWebアプリケーションでも利用できる。グーグルはGoogle Gearsの発表に併せて、「Google Reader」をGoogle Gearsに対応させた。テイラー氏は「Webブラウザベースのアプリケーションであれば、何でも使える」と話し、「Google Docs&Spreadsheets」についても「1つのターゲットになるだろう」と語った。

 利用できるOSはWindows、Mac、Linux。Internet Explorer、Firefoxに対応する。Opera、Safariにも今後対応する予定。グーグルはGoogle Gearsをオープンソースソフトウェアとして公開し、コミュニティからのフィードバックを得る考え。Apolloを開発しているアドビ システムズとも協力する。「最終目標は(オフライン利用について)Webブラウザの標準を作ること。そのためにオープンソースソフトウェアとして公開する」(テイラー氏)としている。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -