富士通社員がこぞって利用?

川崎のマックがなぜか上位――公衆無線LAN利用調査

2007/09/28

 米アイパスは9月28日、世界の公衆無線LANの利用動向調査を発表した。セッション数が最も多いのはロンドンで、ニューヨークの4倍。国内では川崎市の武蔵中原がなぜか上位に入った。

 調査はアイパスのローミングサービスで公衆無線LANを使っているビジネスユーザーが対象。公衆無線LANの世界の利用率は2006年後半から2007年前半で68%増加した。最も利用が多い場所は空港だった。

 都市別ではロンドンがトップでシカゴ、ヒューストンが続く。アジアではシンガポールが10位以内にランクイン。日本の都市は10位以内には入っていない。日本の公衆無線LAN利用率は国別で7位。2006年前半からの成長率は25%だった。

 国内で公衆無線LANの利用が最も多いのは成田空港。羽田空港、JR東京駅、JR仙台駅などが続く中、5位には川崎市のマクドナルド武蔵中原アルカード店がランクイン。同店近くには富士通川崎工場や富士通研究所があり、ビジネスユーザーの利用が多いとみられる。また、10位には横浜市のマクドナルド港南中央店が入っている。

国内で公衆無線LANの利用が多い場所

  1. 成田空港
  2. 羽田空港
  3. JR東京駅
  4. JR仙台駅
  5. マクドナルド武蔵中原(川崎)
  6. 大阪国際空港
  7. ヒルトンホテル(大阪)
  8. JR大宮新幹線(埼玉)
  9. ヒルトンホテル(成田空港)
  10. マクドナルド港南中央(横浜)

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン