YARVの笹田氏、ChaSenの松本氏などが受賞

IPAがOSS貢献者賞の受賞者4人を発表

2007/10/12

 独立行政法人情報処理推進機構(略称:IPA)は10月12日、「2007年度日本OSS貢献者賞」の受賞者4人を発表した。同賞は日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造、運営した開発者やグローバルプロジェクトにおいて活躍する開発者などを表彰するもの。

 小山哲志氏は、日本PHPユーザー会における技術者育成、笹田耕一氏は、Rubyを高速化するシステム「YARV」(Yet Another Ruby VM)の開発、佐藤嘉則氏は組込み向けCPUへのLinuxの移植、松本裕治氏は日本語形態素解析システム「茶筌」(ChaSen)の開発を、おもに評価された。

 OSS貢献者賞は今年で3回目。これまでの同賞の受賞者にはRubyのまつもとゆきひろ氏やNamazuの開発で知られる高林哲氏などがいる。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -