オンラインストレージと連携

Adobe AIRで開発した「Web私書箱」、キー・ポイントが発表

2007/11/21

 キー・ポイントは11月21日、Adobe AIRを使って開発したクライアントアプリケーションとオンラインストレージサービスを組み合わせた「Web私書箱」のベータ版サービスを11月30日に開始すると発表した。ドラッグ&ドロップするだけでファイルをストレージサービスに登録し、遠隔地から安全に編集できる。

 AIRで開発したのはファイル登録のためのアプリケーション。ファイルをこのアプリケーションにドラッグ&ドロップするとオンラインストレージサービスに保管される。遠隔地などにある別のPCからこのファイルにアクセスするにはWindowsのネイティブアプリケーションを利用。事前に登録したUSBキーとID、パスワードで認証することでファイルにアクセスできる。

 ファイルは閲覧、編集はできるがローカルPCには保存できないよう制御している。自宅PCで会社のファイルを開いてもローカル保存できないため、情報漏えいの危険が少なくなるとキー・ポイントは説明している。同社は2003年からオンラインストレージサービスの「WebFile」を提供していて、そのノウハウとAIRアプリケーションを組み合わせた。

 ベータ期間中は無料で利用できる。2008年のAIR正式版リリースを待って、Web私書箱も正式版を発表する予定。WebFileをWeb私書箱のストレージサービスとして使えるようにすることも計画している。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

クレディセゾン、データビジネス強化に向けアドテク専業のオムニバスの株式を100%取得
クレディセゾンは2017年4月25日、アドテクノロジーを活用してマーケティング支援を行うオ...

「Adobe Analytics」でデジタル広告とマス広告のデータを一元管理、アドビと電通デジタルが共同でツール提供
アドビ システムズは、電通デジタルと「Adobe Analytics | Dentsu Digital Data Integrat...

リードを売り上げに変えるためのポイントとは? リードナーチャリングからセールスパイプラインまで
マーケティングオートメーションを活用することで、リードの管理と育成ができるようにな...