「次のキラーアプリはビデオだ」

アドビ、H.264対応のFlash Player、Media Serverをリリース

2007/12/04

 アドビ システムズは12月4日、Flash Videoをセキュアに配信するストリーミングサーバの最新版「Adobe Flash Media Server 3」と、クライアントの「Flash Player 9 Update 3(9.3)」を発表した。新版では一方通行のストリーミングに機能を特化した低価格製品を用意し、企業が簡単にFlash Videoを導入できるようにした。

 Media Serverは2008年1月に出荷開始、Playerはダウンロード提供を始めた。ともにH.264ビデオコーデックとHE-AACオーディオコーデックを新たにサポートし、より高品質な動画をストリーミング配信できるようにした。Media Serverは一方向のストリーミングに特化した新製品「Flash Media Streaming Server 3」と、従来製品のバージョンアップである「Flash Media Interactive Server 3」を用意する。

adobe01.jpg 米アドビがFlash Playerのデモ用に開設した「Flash on

 Streaming Serverは無償の「Flash Media Encoder 2」を使ったライブストリーミングと、オンデマンドのストリーミングに対応。価格は13万5870円(税込、以下同)。Interactive Serverはユーザーのアクションを受け付けるインタラクティブなコンテンツを配信可能。大規模配信が可能なOrigin/Edge構成にも対応する。価格は61万4250円。どちらにも同時接続数や帯域の制限は設けない。

 Streaming Serverは前版と比較して同時接続ストリーム数を2倍に強化。従来はパフォーマンスが劣ったLinux版もWindows版と同様の性能に引き上げた。コンテンツ保護も強化し、独自のストリーミングプロトコルの「RTMP」(Real Time Messaging Protocol)を暗号化した「RTMPE」を新たに実装した。さらにハッシュ値をチェックしてオリジナルから改ざんされたり、別のホストに配置されたSWFファイルからはコンテンツを再生できないようにするSWF検証機能を搭載した。

 PlayerはH.264、HE-AACに対応するとともに最大4つのマルチコアプロセッサをサポートするなどパフォーマンス向上を可能にした。フルスクリーンモード時のハードウェアアクセラレーションにも対応。従来のOn2 VP6コーデックのパフォーマンスも向上させたという。

 同社の代表取締役社長 ギャレット・イルグ(Garrett J. Ilg)氏は「電子メールの次のキラーアプリケーションはビデオだ」と強調。米国では放送局がFlash Videoを使ってWebで番組放送を行っているケースを紹介し、「近い将来、日本でもこのような取り組みが普及すると思う」と話した。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

誤解されたCPA――Web広告とKPI その1
Web広告のKPIをどう設計するかは多くの企業の重要課題。今回はCPAの正しい考え方について...

サムライト、業務を依頼するフリーランサーの福利厚生制度入会費を全額負担
サムライトは、同社が業務を依頼するフリーランサーを対象に、プロフェッショナル&パラ...

人工知能「りんな」主演ドラマ他、体験を創造するデジタル広告の現在
日本最大級のデジタル広告賞「コードアワード 2017」の受賞作品から現在のデジタル広告の...