Comet型通信やJavaメソッド呼び出しを実現

Adobe、オープンソースプロジェクト「BlazeDS」を公開

2007/12/13

 米アドビ システムズは12月13日、新たなオープンソースプロジェクト「BlazeDS」のパブリック・ベータ版をAdobe Labs上で公開した。LGPL v3ライセンス下で公開している。

 「BlazeDS」は、クライアント側のFlex/Adobe AIRアプリケーションからサーバ側のJavaオブジェクトのメソッドを呼び出すことができるリモーティング機能と、サーバ側からクライアント側のFlex/Adobe AIRアプリケーションに、CometのようにメッセージをプッシュできるWebメッセージング機能の2つを提供するソフトウェア。BlazeDSのサンプルはwar形式で提供され、Tomcat 6上で動作可能だ。

 「BlazeDS」プロジェクトの2つの機能は、もともとアドビの製品「LCDS ES」(LiveCycle Data Services Enterprise Suite)の機能をオープンソース化したもので、従来の「LCDS ES」は引き続き販売される。ただし、「BlazeDS」では、Webメッセージング機能で1CPU当たり約100〜200程度の接続を処理できるのに対して、「LCDS ES」では数千の接続を処理できるほか、クラスタリング機能も持ち、RTMP(Real Time Messaging Protocol)をサポートするなどの優位点があるという。

 リモーティング機能は、RPC(Remote Procedure Call)モデルでJavaメソッドを呼び出す。データ送信時のフォーマットを変換するロジックの記述が不要であるほか、Flash Remotingでサーバと通信するときのバイナリデータフォーマットである「AMF」(Action Message Format)を使った場合にパフォーマンス向上の利点がある。

 Webメッセージング機能は、前述のようなCometと同様の通信か、新しいHTTPストリーミング(クライアント/サーバ間に永続的なプッシュ接続を実現)を使用できる。

 また、Adobe AIRのベータ3版も公開され、AdobeのWebオーサリングツールDreamWeaverや開発環境FlexBuilderとの連携機能が拡張された。ベータ3版をインストールすると、ベータ2版のアプリケーションとの互換性がなくなるので、注意が必要だ。また、今回の発表に合わせてFlex 3のベータ3版も公開された。

(@IT 平田修)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

The Trade DeskとWhite Opsが提携、アドフラウド対策のプラットフォームを提供開始
The Trade DeskはWhite Opsと提携を発表し、広告業界におけるアドフラウド対策のプラット...

セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代...

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...