工数を約3割削減

楽天、Railsを使ってマイページを刷新

2007/12/18

 楽天は12月18日、会員向け専用ページ「my Rakuten」をカスタマイズ可能な「my RakutenBETA」としてリニューアルし、サービス提供を開始した。RubyとRuby on Railsを用いて開発した。

 my Rakuten BETAは、ランキング情報やオークション情報、エリア情報など楽天グループが提供するコンテンツを選択して、自由なレイアウトで配置できるポータルサービス。各コンテンツはドラッグ&ドロップで並べ替えができる。

 同社は、今回のケースがRubyおよびRuby on Railsを使って開発した初めての本格的なサービスとしていて、JavaやPHPを利用した従来の開発プロセスに比べて、工数を約3割削減することができたという。

rakuten01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ホリデーシーズン中の買い物、ついにモバイル経由が最多に――Salesforce.com予測
世界でデジタルショッピングが盛んになる上位5日は、ブラックフライデー、サイバーマンデ...

新規獲得にもCriteo、「Wowma!」「an」の各運営企業マーケターが導入理由を語る
Criteoが新たに打ち出した新規見込み客獲得サービス「Criteo Customer Acquisition」の効...

Supershipが打ち出すハイブリッド型DMP「Fortuna」の強みとは?
Supershipが提供開始したハイブリッド型DMP「Fortuna」。その特徴とは何だろうか。