600万画素で60枚/秒の高速連写も

カシオ、最大1200fpsの超高速動画が撮れるデジカメ発売へ

2008/01/07

casio01.jpg

 カシオ計算機は1月7日、デジタルカメラ「EXILIM」(エクシリム)シリーズの新製品として60枚/秒の高速連写や、最大1200fpsの高フレームレートのムービー撮影が可能な「EXILIM PRO EX-F1」を3月下旬に発売すると発表した。市場予想価格は13万円前後。

 有効画素数600万画素、光学12倍ズーム。高速CMOSセンサと高速処理LSIを搭載し、静止画の超高速連写や動画のハイスピード撮影を可能にした。一瞬の動きをより細かく捉えることができるほか、決定的瞬間や肉眼では見えない動きを撮ることができるという。

 最大解像度の600万画素の静止画で60枚/秒の超高速連写が可能。連写速度は1枚/秒〜60枚/秒で速度を変えながら連写でき、1回の高速連写で最大60枚まで撮影できる。シャッターを押す前の画像を60枚/秒の高速連写で(最大60枚まで)記録できる“パスト連写”機能を搭載。シャッターを押すタイミングが遅れても決定的瞬間を逃さず撮影できるという。

 液晶モニターで被写体を確認して撮影するライブビュー撮影では、スロー画像での表示ができる“スローライブ”機能を搭載。被写体の動きをゆっくり見ながら決定的瞬間でシャッターを押せる。

 動画撮影機能では、1920×1080ドット、60fpsのハイビジョンムービーが撮れ、HDMIケーブルでフルHD対応テレビと接続して撮影映像を楽しめる。また、1200fps(336×96ドット)、600fpt(432× 192ドット)、300fps(512×384ドット)のハイスピード動画撮影機能を備える。動画の記録形式はH.264/AVC。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...