自社提供のOSSプロダクト関連情報などを掲載

NTTデータがOSSポータルを開設

2008/01/29

 NTTデータは1月29日、NTTデータグループが提供するオープンソースソフトウエア(OSS)の情報を集約したポータルサイト「NTTデータグループ・オープンソーススクエア」を開設すると発表した。商用システムで実績があるOSSを紹介していく。

 NTTデータグループは、2004年からこれまでに「PostgresForest」(ポストグレスフォレスト)、Ajaxフレームワーク「マスカット」、運用監視ツール「Hinemos」(ヒネモス)、セキュアなLinux環境を実現する「TOMOYO Linux」など、OSS関連のプロダクトを公開してきた。同社は今後、NTTデータグループ・オープンソーススクエアを通じて、OSS導入システムの開発をサポートする情報を提供していく。

 具体的には、NTTデータグループが提供するOSSの概要や適用事例、関連サイトなどの情報掲載をはじめ、OSSプロジェクトの活動やリリース情報、関連イベント・セミナーなどの情報を紹介していく。また、NTTデータグループに在籍するOSS開発者の紹介も行う。

 この発表に合わせて、2007年に公開したアプリケーション開発基盤「TERASOLUNARフレームワーク」の第2弾として「TERASOLUNA Batch Framework for Java」、「TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)」をOSSとして公開する。

 TERASOLUNA Batch Framework for Javaは、NTTデータのJavaバッチ処理アプリケーション用フレームワーク。開発言語であるJavaだけでなく、フレームワークレベルでオンラインアプリケーションとバッチアプリケーションを統合して、生産性、保守性の向上を高める。

 TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)は、Spring Frameworkをベースに拡張したサーバフレームワーク。業務アプリケーションで重要となるデータベースアクセス制御、ログ出力、例外処理などが自由に構築できる部分を規定しているほか、XML電文通信などのリッチクライアント向け機能を提供する。

osss01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。