脆弱なWebアプリやバックドアを発見

グーグルを脆弱性スキャナにする新ツール

2008/02/22

 検閲反対のスタンスで知られるハッカー集団、Cult of the Dead Cow(cDc)が、グーグルの検索エンジンを、使い勝手のいい脆弱性スキャナに変える新ツールをリリースした。

 ジョニー・ロング氏の「Google Dorks」――機密情報を見つけるための検索クエリ――にヒントを得たcDcの「Goolag Scan」は、さらに限界に挑み、Windows GUIベースのスタンドアロン検索アプリケーションを提供している。

 オープンソースのGoolag Scanには、脆弱なWebアプリケーション、設定ミスでバックドアが開いているWebサーバ、ユーザー名とパスワードなど、インターネット上で誤ってさらされてしまっている文書を検索するための約1500種のカスタムGoogleクエリがデフォルトで組み込まれている。

 「Webがプラットフォームであることは明白だ」とcDcの広報担当オクスブラッド・ラフィン氏は言う。「このプラットフォームは、セキュリティの観点から見るとかなりひどい。Goolag ScanはWebサイトオーナーが自分のサイトを修正する新たなツールを提供する」

 「北米、欧州、中東でこのツールを使ってランダムにテストしてみたところ、恐ろしい欠陥が見つかった。もしも私が政府機関や大企業、あるいは大規模なWebサイトのオーナーだったら、このツールをダウンロードして自分のサイトで試しているだろう。見つかった脆弱性はそれほど深刻なものだった」(ラフィン氏)

 このツールは.NETプログラムとして提供され、特定のサーバあるいはドメイン全体をグーグル検索できるように手動で設定できる。

原文へのリンク

(eWEEK Ryan Naraine)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 「セキュリティリサーチャー」って何をする人? (2017/5/26)
     ネットにはさまざまな脅威や脆弱性の情報もあふれている。そんな情報過多な状況から、有用な情報だけを選別し、正しく共有していくこともまた必要だ。WannaCry騒ぎ、Apache Struts 2脆弱性……そのとき「彼ら」は何をしていたのか
  • マルウェアを防ぐには出入口対策から――複数のセキュリティ技術で多層防御する (2017/5/24)
    人員リソースや予算の限られた中堅・中小企業にとって、大企業で導入されがちな、過剰に高機能で管理負荷の高いセキュリティ対策を施すのは現実的ではない。本連載では、中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を、特に標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)対策の観点から考える。
  • セキュリティ対策でモノを言うのは「スピード」、20秒以内で検知可能なローソン (2017/5/16)
    「脅威の侵入を100%防ぐのは不可能」という前提に立った新たなセキュリティ対策を模索してきたローソン。脅威の検知と一次対応を速やかに実行し、迅速なインシデントレスポンスを支援するツールを導入した結果、20秒以内に社員が利用する約7000台のPCから感染端末を検索する体制を立ち上げた。
  • 無線LANのただ乗りに「無罪判決」の驚き (2017/5/11)
    2017年4月、セキュリティクラスタが注目したのは先月に続いて「Apache Struts 2」の脆弱(ぜいじゃく)性。対応がよろしくない組織が目立ったためです。無線LANのただ乗りに対して「無罪判決」が出たことにも、話題が集まりました。
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH