ベータ版が公開

危ないサイトをユーザーの代わりに見てきてくれる「aguse Gateway」

2008/03/04

 アグスネットは3月4日、入力したURLのWebサイトのキャプチャ画像を表示するサービス「aguse Gateway」のベータ版を公開した。アクセスするだけでウイルス感染の危険があるようなWebサイトでも安全に内容が確認できる。リンク先の安全度もチェックできる。

 アクセスしたいWebサイトのURLを入力するとaguse Gatewayのサーバが閲覧し、キャプチャ画像を取得。ユーザーのWebブラウザに表示する。表示するのは画像だけなので、ページにウイルスなどが仕掛けられていても感染することはない。

 表示したWebサイトのリンク先についても安全性を確かめ、安全なリンクだけがクリックできる。安全でないリンクにはアイコンが付き、クリックができない。

aguse01.jpg Webサイトのキャプチャ画像を表示する。安全なリンクはクリック可能

 アグスネットはWebサイトのドメイン名情報やサーバの位置情報を表示するサービスも提供している。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH