JavaScriptやHTMLのロード時間を高速化

HTML5も先取り、Safari最新版がリリース

2008/03/19

 米アップルは3月18日、Mac OS XおよびWindows XP/Vista向けWebブラウザの最新版「Safari 3.1」の無償ダウンロード提供を開始したと発表した。WebページのロードやJavaScriptの実行速度を大幅に向上したほか、Web標準技術への対応も進めた。

 アップルによれば、PC MagazineやVeriTestが開発したWebブラウザのベンチマークテスト、iBench 5.0において、Safari 3.1はWebページのロード時間でIE7の1.9倍、Firefox 2の1.7倍の速度となったという。また、ほかのWebブラウザに比べてJavaScriptの実行速度が最大6倍としている。

 Flashなどプラグインを使わずにHTMLにオーディオやビデオを埋め込む「video」「audio」のタグをサポート。これは2008年1月にWeb関連技術の標準化団体W3Cから最初のドラフトがリリースされた「HTML5」に含まれるもので、Webブラウザによる正式サポートは初。同様にHTML5で取り入れられる予定のWebブラウザ側のクライアントサイドストレージもサポートする。これはブラウザ上で実現される簡易SQLデータベースで、従来サーバ側に保存していたデータをブラウザ側で蓄積・検索できるようになる。

 表示関連の機能では、新たにCSSを使ってアニメーションを実現できるCSS transforms and transitionをサポートしたほか、CSS3のWebFontsに対応。2次元ベクトルグラフィックスを記述するSVG関連の対応機能も増えている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...