無償で利用可能

SaaS版Photoshopがついに公開、早速使ってみた

2008/03/27

 米アドビ システムズは3月27日、SaaS型のソフトウェア「Photoshop Express」の英語ベータ版を公開した。定番の画像編集ソフトウェア「Photoshop」の基本機能の一部をWebベースで利用できるようにした。アドビはFlash技術を使って主要製品のSaaS化を進めている。SaaS化した自社サービスをFlashを使ったリッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)のショーケースにし、ほかのベンダの開発を促進することも狙っているようだ。

 Photoshop ExpressはWebサイトで無償利用できる。Photoshop Expressは2GB分のフリーストレージが利用でき、画像をアップロードして編集、公開、共有できる。Internet Explorer、Firefox、Safariなどで稼働。現状、米国外からのアクセスは、米国内のアクセスと比べて遅いという。公開、共有の機能はFlickrなど既存のネットサービスと大きな違いはない。Photoshop Expressで注目されるのは画像編集機能だ。

pse01.jpg Photoshop Expressのインターフェイス。編集したい画像をアップロードする

 ログインしてまず驚くのは機能の豊富さだ。アップロードした画像を開くと左ペインに利用できる編集ツールが表示される。基本的な画像の切り抜きや回転、画像最適化、明るさの調整、色味調整などのほか、赤目修正なども利用できる。

 全画面にして使うこともでき、さまざまな機能を試しているとWebベースで動いていることを忘れてしまう。正直言って、Photoshop Elementsで日常的に行っている作業の大半は、Photoshop Expressで可能だろう。編集した画像はWeb上に公開するだけでなく、オリジナルサイズのままローカルにダウンロードすることもできる。

pse02.jpg 編集画面。左ペインに編集ツールが並ぶ
pse03.jpg 画像を回転させ、切り抜く。マウスをドラッグして範囲選択する
pse04.jpg 画像の最適化機能。自動で明るさやコントラストが調整される。プレビューで確認できる

 画像編集ではほかにホワイトバランスやハイライトの調整も可能。画像に対してシャープをかけたり、ソフトにすることもできる。それぞれの調整はプレビューを見ながら行える。加えた編集を元に戻すことや、オリジナル画像に戻すこともワンクリックだ。特定の色を強調したり、白黒写真に変化、絵画調に変えるなどのエフェクト機能も備える。

pse06.jpg ホワイトバランスの調整機能。プレビューで最適な設定を選べる
pse08.jpg 絵画調に変化させるなど簡単なエフェクト機能を備える

 自ら画像をアップロードするだけでなく、グーグルの「Picasa Web Albums」やFacebook、Photobucketに登録している画像をPhotoshop Express内に表示して編集することもできる。ブログなどに画像を貼り付けるためのEmbedタグを出力する機能もある。

 「Webベースのサービスでここまでできるのか」というのがPhotoshop Expressを使った素直な感想だ。インターフェイスの操作性などWebベースの弱点とされてきた点を、Photoshop ExpressはFlex/Flashを使うことで克服してしまった。さらにPicasa Web Albumsを読み込んだり、写真の共有ができるなどWebベースの利点が加わっている。SaaSアプリケーションをこれから開発する開発者にとって、Photoshop Expressは1つのベンチマークとなるのではないだろうか。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

クレディセゾン、データビジネス強化に向けアドテク専業のオムニバスの株式を100%取得
クレディセゾンは2017年4月25日、アドテクノロジーを活用してマーケティング支援を行うオ...

「Adobe Analytics」でデジタル広告とマス広告のデータを一元管理、アドビと電通デジタルが共同でツール提供
アドビ システムズは、電通デジタルと「Adobe Analytics | Dentsu Digital Data Integrat...

リードを売り上げに変えるためのポイントとは? リードナーチャリングからセールスパイプラインまで
マーケティングオートメーションを活用することで、リードの管理と育成ができるようにな...