オフラインでFlashビデオを再生

AIRベースの「Adobe Media Player」正式版がリリース

2008/04/09

 米アドビ システムズは4月9日、Flashビデオをオフラインで見ることができるAIRベースのアプリケーション「Adobe Media Player」の正式版1.0を発表した。コンテンツプロバイダーによる映像配信の可能性が広がるとアドビは説明している。

 Adobe Media PlayerはAIRベースでWindows、Macで動く。Flashビデオをストリーミングで再生可能。許可されている場合にはダウンロードしてオフラインでも映像を見ることができる。CBS、MTV Networks、Universal Music GroupなどがAdobe Media Player向けにコンテンツを配信する。好みの番組シリーズを登録しておけば続編を自動で受け取ることができる。

 エンドユーザーにとってはオフラインでFlashビデオが見られるというのがAdobe Media Playerのメリット。コンテンツプロバイダーにとっては放送する内容によってAdobe Media Playerのインターフェイスを自在に変えて、自分のブランドでサービスを展開できるのがメリットだ。コンテンツにオーバーレイさせる広告配信が可能。ユーザーがダウンロードしたコンテンツに対して アクセス制限を行うこともでき、安心して配信できるという特徴もある。

amp01.jpg Adobe Media Player(クリックで拡大します)

 アドビは同日、アドビ製品についての説明映像を配信する「Adobe TV」も開始した。Adobe TVはAdobe Media Playerでも閲覧できる。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...