テキストに加えて画像を開始

グーグルがモバイル向け画像広告配信を開始

2008/04/25

 米グーグルは4月23日、モバイル向け画像広告「mobile image ads」を正式リリースしたと明らかにした。これまで同社はWebページの内容にマッチした広告を配信するAdSenseで、モバイル向けにテキスト広告の配信を行ってきた。すでにAdSenseを利用しているユーザーであれば、すぐに新サービスを利用できる。mobile image adが利用できるのは日本や米国を含む27の国や地域で、クリック型課金で提供する。テキスト広告やデスクトップ向けのバナー広告と異なり、1度に1つのバナーしか配信しないため、高いクリック率が期待できるとしている。

 広告を受け入れるコンテンツ提供者は、従来通りテキスト広告だけにするか、画像広告も表示可能とするか、両方を用いるかを選べる。テキスト、画像の両方を選択した場合には、配信時に動的に適切な方が表示されるという。

mobilead01.jpg 利用イメージ(デモンストレーション映像から引用)。画像の下には広告であることを示す[Ad]という文字列と、リンク先のドメイン名が表示される
mobilead02.png 利用できる画像のサイズ。最大サイズの画像でも、アイコンのデータサイズは3KB以下と定められている

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...