コードギアとしては最後のリリースに?

3rdRail 日本語版は「近々」登場

2008/05/09

 RubyおよびRuby on Rails(RoR)の開発に特化した統合開発環境(IDE)、「3rdRail 1.1 日本語版」は、コードギアによると「近々に」正式リリースされる見込みだ。

 3rdRailは、Eclipse 3.3をベースとしたRuby/RoR向けのIDE。従来からのコマンドラインによる開発とGUIベースの開発、両方に対応しており、「Ruby開発のエキスパートとヤングプログラマーの双方を対象にしている」(コードギアのマーケティングディレクター、藤井等氏)。現在フィールドテストが進んでいる日本語版では、インターフェイスやドキュメントなど、すべてがローカライズされているという。

codegear02.jpg コードギアのマーケティングディレクター、藤井等氏

 藤井氏によると、国内の企業でもRoRを用いて開発を進めようという動きが広まっているが、「開発規模が大きくなってくると、複雑さが増してくる。また、すべての人がRubyの習熟度が高いわけではなく、混成部隊によって開発を進める必要がある」と指摘。開発の大規模化に伴うそうしたジレンマを3rdRailというツールによって解決したいと述べた。

 3rdRail 1.1 日本語版の開発に当たっては、オープンソースコミュニティと密接に連携しながら作業を進めてきたという。

 例えば、Eclipse 3.3では、まだ日本語ランゲージパックがリリースされていない。そこで、Eclipseを日本語化する「Pleiades」の作者と協力してEclipse DLTK(ダイナミック言語ツールキット)やATF(Ajaxツールキットフレームワーク)などを日本語化し、3rdRail 1.1 日本語版に搭載するとともにコミュニティに還元したという。Railsプロジェクトのデバッグを支援する高速Rubyデバッグエンジンについても、同様のプロセスが背景にあったという。

codegear01.jpg 3rdRail 1.1 日本語版の画面

 前日の5月8日には、米エンバカデロ・テクノロジーズによるコードギアの買収が発表されたばかり。だが、同社CodeGear事業本部長の八重樫行男氏は、現時点でいえるのは「買収に合意したこと、そして2008年6月末までの取り引き完了を見込んでいること」だけだと述べ、詳細は6月12日に行われる「第9回CodeGearデベロッパーキャンプ」で説明するとしている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...