動的なコンテンツにも対応

Flashを検索可能に、アドビがグーグル、ヤフーと協力

2008/07/02

 米アドビシステムズは7月1日、Flashコンテンツ(SWF)の検索の精度を上げるよう検索サービス提供者らと協力していくと発表した。スタート時にはグーグルおよびヤフーに対して、最適化されたAdobe Flash Playerを提供するとともに、SWF形式のファイルに含まれるテキストのインデックス化に関して技術情報を提供していく。

 すでにSWFの技術仕様は公開されているほか、これまでにもグーグルはFlashコンテンツのテキスト要素をインデックスしてきたが、動的コンテンツについては扱いが難しく、精度が上がらないという問題があった。今回の協業により、RIA開発者、Webコンテンツ制作者はFlashコンテンツを検索対象とするために、既存のコンテンツへの追加や変更の必要がなくなるとしている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...