Webにマークをつけ「気づき」を共有

日本発のソーシャルアノテーション「コモンズ・マーカー」公開

2008/07/03

 「自分にぴったりのツールがなかったので、自分が欲しいツールを作りました。Webページにマークを大量に付けて情報を収集・整理するためのツールです。また、付けたマークを共有することで“気づき”を共有できます」。7月4日に新サービス「コモンズ・マーカー」(Commons Marker)の一般公開を開始したコモンズ・メディア代表取締役の星暁雄氏は、同社が初めてリリースするサービスについて、そう語る。

大量のマークで軽快にメモを

 コモンズ・マーカーは、日本語圏ではまだ数少ないソーシャルアノテーションと呼ばれるジャンルのサービスだ。ソーシャルブックマークとも似ている。

 コモンズ・マーカーを使うには、あらかじめWebブラウザにブックマークレットを登録しておく必要がある。何らかのWebページ閲覧中に、このブックマークレットを呼び出すことで利用する。

 ブックマークレットを起動すると、ブラウザ画面の右上に小さなコントロールボックスが表示される。この状態で、Webページの任意のテキスト部分をマウスドラッグで選択すると、小さなコメント入力用ウィンドウがポップアップする。メモやコメント、タグを入力すると、コモンズ・マーカーのサーバ上に、WebページのURL、コメントを付けた位置、コメント・タグ内容とともに保存される。ソーシャルブックマークがURLを記録対象とするのに対して、コモンズ・マーカーはWebページの特定の段落やセンテンスを対象にできるのが大きな違いだ。

 Webページに対してコメントリストが被さるようなインターフェイスもユニークだ。特定のWebページに付けられたコメントは、コモンズ・マーカーを起動中であればコントロールボックスの下に短冊状に一覧表示される。それぞれの短冊をクリックすると、本文側が自動スクロールし、対象となるテキスト部分をハイライト表示してくれる。自分や他人が付けたコメントと、そのコメントが対象とするセンテンスを素早く読むことができるわけだ。同一ページ中に100〜200個のコメントを付けることも可能で、「大量のマークの一覧性を重視した。アノテーションサービスは英語圏にはいろいろとあるが、たくさんのコメントの一覧性を重視したサービスは、これまでなかったのではないか」(星氏)という。

 コメントリストはデフォルトではWebページの先頭から文末に向かって並んでいるため、例えば重要な箇所を3つだけマークしておけば、上から順に短冊をクリックすることで、拾い読みができる。コメントリストはユーザー別、時系列などでも並べ替えられる。

marker01.png コモンズ・マーカーのトップページ。たくさんのマークがついていて話題となっているWebページが随時ランキング表示される
marker02.png Webページを閲覧中にブックマークレットを呼び出し、段落やセンテンス、一部のフレーズなどをマウスでドラッグするとウィンドウが立ち上がる。コメントやタグを指定すれば自分のマークをコモンズ・マーカーのサーバ上に登録できる
marker03.png 自分で付けたマークの一覧を後で見返すことで情報の収集・整理ツールとして使える。自分以外の特定ユーザーのマークを見ることや、タグを指定してマークを眺めるといった使い方もできる
marker04.png 1つのページに大量にマークが付いた場合でも、個々のマークが画面右側に短冊状に表示される。短冊をクリックすると対応する箇所に本文側が自動的にスクロールするため、順番にコメントと本文を見比べながら読むことができる。この画面の例では、黄色で表示されている本文と上から2つ目の短冊が対応している。そのほかのマークが付いた箇所は薄い青で表示されている

「既存のWebをソーシャル、創造的なものにしていきたい」

 まずターゲットとして想定しているのは、「知的にアクティブなユーザー」(星氏)。企画やマーケティング部門、研究部門の人、ジャーナリストなど「毎日新しいサイトを調べているような人々」(同)だ。2年前にベンチャーを創業するまで技術系の雑誌記者として活動していた星氏だが、素早く大量のメモが取れるツールとして、すでに自分自身がコモンズ・マーカーのヘビーユーザーとなっているという。

hoshi.jpg コモンズ・メディア代表取締役の星暁雄氏

 現時点で付けられたマークは、すべて公開され、自分のためだけに非公開マークを付けるという機能はない。全利用者のマークを時系列に表示する「新着マーク」の機能や、直近にマークが多く付けられている「ホット・マークス」の機能を使うことで、ソーシャルブックマーク同様に、話題となっている情報を追うこともできる。

 サービススタート時点では、例えば特定ユーザーを“フォロー”する機能がないなど、比較的シンプルだ。ユーザー名を含んだURLをブックマークすることで同様のことができるが、もしフォローの機能があれば、感度の高い数人をフォローするだけで情報収集ツールとしての使い方が広がる。しかし、コモンズ・マーカーではシンプルさにこだわったという。「いろいろと機能追加のアイデアはあるが、いたずらに複雑にして特定少数の人だけが使いこなせるツールにはしたくない。はじめは少数のコアなユーザーが使うだけかもしれないが、大勢の人に使ってもらいたい」という。

 星氏は「メディアに身を置いていた人間として、メディアの入れ物を作ってみたかった」とも話す。日経BP社でいくつかの雑誌の創刊に立ち会い、編集長職も経験した経歴から、オンラインでの知的共同作業を行う新しいメディアのあり方を模索していきたいともいう。「使っていただければ分かりますが、非常に軽快にメモが取れる。1人の人間が1日に20個や30個のマイクロコンテンツを量産するのも苦じゃない」。もし良質のマイクロコンテンツが多く集まれば、それを人的ネットワークやタグの処理に基づいて“メディア化”していく方向性も将来的には考えられる。

 コモンズ・マーカーは、自分のメモを集めた情報源という性格と、同ジャンルで関心を共有する人々が集まって、新しい別の価値を生むというソーシャルな面を持っている。「すでに存在しているWebをソーシャルなもの、創造的なものにしていきたい」(星氏)。非公開で続けていたベータテスト期間中にも、特定のブログエントリに対してコメントが70以上も続き、チャット状態になった「想定外の使い方」(同)もあったという。「はてなは偉大な先輩」(同)としながらも、従来と位相の異なる新サービスによって、新しいオンラインコミュニケーションが生まれるのではと期待する。

イントラ向け利用で事業化も検討

 サービスは無償で公開するが、今後はイントラネット利用などでの事業化を検討しているという。例えば、情報サイトを提供する企業に対して、イントラネット向け校正支援ツールとしてコモンズ・マーカーを使うというアイデアだ。「最初から赤入れのための校正支援ツールというのは意識していたし、校正支援に使えるかどうかをツールの使い勝手の評価基準としていた」(星氏)。

 まずはコンシューマー向けサービスとして完成度を高め、認知を得ていきたい考えだ。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...