「現在、コンテンツプロバイダーと話をしている」

「Adobe Media Player」日本語版が11月登場へ、日本向け映像も用意

2008/07/10

 アドビ システムズは7月10日、米国で提供している映像プレーヤー「Adobe Media Player」(AMP)の日本語版を11月にリリースする考えを示した。AMP日本語版の提供に合わせて、日本向けのコンテンツも用意する計画で、同社の代表取締役社長 ギャレット・イルグ(Garrett J. Ilg)氏は「現在、コンテンツプロバイダーと話をしている」と述べた。

 AMPは米国で4月にリリースしたプレーヤー。Adobe AIRがベースでFlashビデオをオンライン、オフラインで見ることができる。米アドビはAMPの提供に合わせて、CBS、MTV Networks、Universal Music Groupなどのコンテンツプロバイダーと提携。これらのコンテンツプロバイダーがAMP向けに映像を配信している。

amp01.jpg 英語版のAdobe Media Player。多くの番組が配信されている

 AMP日本語版は11月19日から行われる放送業界向け展示会「Inter BEE 2008」に合わせてリリースされる見込み。AMPの提供だけでなく、日本向け映像コンテンツの提供も同時に開始する予定で、イルグ氏は「米国と同じような取り組みを日本でも行う」と話した。ベースとなるAIRは6月に日本語対応版が公開されている

amp02.jpg アドビ システムズの代表取締役社長 ギャレット・イルグ氏

 アドビはネットワークとソフトウェアを組み合わせた取り組みを加速させている。7月28日にはネットワーク経由でPDF文書を同時に閲覧できるWebサービス「Acrobat.com」(パブリックベータ版)の日本語版が登場する見込み。パートナーと協業して行うSaaSの取り組みも継続する方針で、イルグ氏は「デベロッパとの協業も増えていくだろう」と話した。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。