マイミク認証などソーシャルグラフの認証も提供

mixiがOpenID対応でプラットフォーム化へ一歩

2008/08/20

 SNSサイト「mixi」を運営するミクシィは8月20日、OpenIDとソーシャルグラフを融合した認証サービス「mixi OpenID」の提供を開始した。mixi内で築かれたユーザー同士の関係や、コミュニティへの所属情報を、OpenIDの各種仕様に基づいて外部のWebサイトに提供する認証サービス。外部パートナーと共同でmixiのサービスを構築するスキーム「mixi Platform」の第一弾となるもの。

mixi01.jpg mixiが公開したログインアイコン

 対応するOpenIDの仕様はOpenID Authentication 2.0でmixiはID認証を行うOP(OpenID Provider)となる。Yadis Discovery Protocolを使い、OpenIDを利用するWebサイト側であるRP(Relying Party)は「https://mixi.jp」に対してアクセスすることができる。また、属性情報交換のための拡張仕様のOpenID Attribute Exchange 1.0やOpenID Simple Registration Extension 1.0にも対応し、ニックネームの引き渡しも可能だ。

 ユーザー同士のつながり情報、いわゆるソーシャルグラフについても「マイミクシィ認証」と「コミュニティ認証」の2種類の認証サービスを提供する。詳細な技術情報は「mixi Developer Center」で提供していく。

 mixiの会員数は2008年7月13日現在、約1500万人。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 「セキュリティリサーチャー」って何をする人? (2017/5/26)
     ネットにはさまざまな脅威や脆弱性の情報もあふれている。そんな情報過多な状況から、有用な情報だけを選別し、正しく共有していくこともまた必要だ。WannaCry騒ぎ、Apache Struts 2脆弱性……そのとき「彼ら」は何をしていたのか
  • マルウェアを防ぐには出入口対策から――複数のセキュリティ技術で多層防御する (2017/5/24)
    人員リソースや予算の限られた中堅・中小企業にとって、大企業で導入されがちな、過剰に高機能で管理負荷の高いセキュリティ対策を施すのは現実的ではない。本連載では、中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を、特に標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)対策の観点から考える。
  • セキュリティ対策でモノを言うのは「スピード」、20秒以内で検知可能なローソン (2017/5/16)
    「脅威の侵入を100%防ぐのは不可能」という前提に立った新たなセキュリティ対策を模索してきたローソン。脅威の検知と一次対応を速やかに実行し、迅速なインシデントレスポンスを支援するツールを導入した結果、20秒以内に社員が利用する約7000台のPCから感染端末を検索する体制を立ち上げた。
  • 無線LANのただ乗りに「無罪判決」の驚き (2017/5/11)
    2017年4月、セキュリティクラスタが注目したのは先月に続いて「Apache Struts 2」の脆弱(ぜいじゃく)性。対応がよろしくない組織が目立ったためです。無線LANのただ乗りに対して「無罪判決」が出たことにも、話題が集まりました。
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH