日本語版IE8ベータ2の提供を開始

「今後はWeb標準に準拠してください」、マイクロソフト

2008/08/28

 マイクロソフトは8月28日、次期Webブラウザのベータ2版「Internet Explorer 8 ベータ2」(IE8ベータ2)の国内でのダウンロード提供を開始した。Windows XP/Vista/Widows Server 2008/2008に対応する。これに合わせて同社は東京都内で会見を開き、IE8の新機能やIE7との違いを説明した。

起動や描画速度、互換性が向上

 IE7との最大の違いは速度と互換性の向上だ。

 IE6やIE7に比べて起動して最初のWebページを表示し終えるまでの時間が短くなっているほか、JavaScriptエンジンも高速化。SunSpiderを使ったベンチマークではIE6の7倍、IE7の5倍の高速化を実現しているという。

 互換性については、IE7以前の描画モードとの下位互換性と、Web標準準拠による、ほかのWebブラウザの互換性の2つの意味がある。標準設定ではWeb標準準拠モードでWebページのレンダリングを行い、特にコンテンツ制作者がmetaタグやHTTPヘッダで指定した場合のみIE7互換モードで表示を行う。マイクロソフト ビジネスWindows本部シニアプロダクトマネージャ 原田英典氏は「これまではIE7に対応してくださいとお願いしてきたが、今後はWeb標準に準拠してくださいということになる」と説明。従来のIE7に対応したページでも最小の工数でIE8に対応可能であるという。また、IE8ベータ2ではアドレスバーの脇に互換ボタンを新たに実装。表示が崩れた際にユーザーが明示的に表示モードを切り替えることができるようになった。

ie01.jpg 同じPCで起動速度を比較するデモンストレーション。
ie02.jpg IE7標準モードを使ってWebページの表示を行うにはmetaタグやHTTPヘッダで明示的に指定する

使い勝手も大幅に向上

 新機能やユーザーインターフェイスの改善も数多い。

 URL入力を補完するアドレスバーでは、お気に入りと履歴を融合。日本語文字列に対してもヒットするようになった。

 タブ関連の新機能としては、まず新規タブを開いたときに、従来空白ページが表示されていたスペースにメニューを表示するようになった点が挙げられる。ここには「閉じたタグを再度開く」という項目もあり、操作ミスで閉じてしまったタグを開けるようになった。また、親子関係にある同色のタブで表示され、ひと目で把握できる「タブグループ」の機能も新しい。従来、不正終了でWebブラウザ全体が閉じてしまうようなケースでは、該当タブだけが終了して自動的にそのタブが再起動する機能も追加された。

 検索関連では、検索ボックスの改善と、「アクセラレータ」機能の搭載がある。IE8では検索ボックスに入力した文字列から検索候補文字列や検索結果候補を表示が搭載され、Flickrなら写真が、Wikipediaなら該当エントリの内容がカード状に表示されるようになった。

 アクセラレータは検索エンジンとのやり取りを標準化した「OpenSearch」に準拠した機能で、Webページ中の文字列を範囲選択し、それを指定した検索エンジンや地図サービスと連携する機能を実現する。検索結果をダイレクトにポップアップで表示する機能もある。

ie03.png アドレスバーの推測機能がお気に入りと履歴の双方に対応。日本語にもヒットする
ie04.png アクセラレータ機能は範囲選択した文字列を指定された検索エンジンやWebサービスで検索する機能

 「WebSlice」はWebページ中の特定の領域を購読する新機能だ。例えばレシピサイトで「今日の献立」のように頻繁(ひんぱん)に更新される場所をユーザーが選択してWebSliceとしてIE8に登録しておくと、Webブラウザ画面上部にあるドロップダウンのインターフェイスから、その領域の最新の情報をすぐに表示できる。該当するWebページ全体を開く必要がなく、またページの遷移もないため、更新の多い情報を追うのに適した機能だ。

 WebSliceはIE8のベータ1で搭載された独自機能で、eBayやMSNなどが実験的に採用している。WebSliceはRSSなどで使われるXMLベースの標準仕様「Atom」を簡易化してHTMLに埋め込む仕様「hAtom Microformats」を利用している。また、マイクロソフトはWebSliceの仕様をWeb上で公開しているため、FirefoxなどほかのWebブラウザでもWebSliceに相当する機能が実装される可能性がある。

ie05.png WebSliceはWebページの一部を切り抜くように保存して、1クリックで最新情報を表示する機能
slice.png WebSliceのコンテンツ記述例(マイクロソフトの解説ページより引用

指定期間中だけ履歴を残さない「InPrivate」モード

 セキュリティ面では、ローカルにダウンロードしたデータベースから危険性のあるページを判別してユーザーに注意を促す「SmartScreenフィルター」の搭載したほか、Cookieや履歴を残さない「InPrivate」ブラウズ機能を搭載した。InPrivateの機能をオンにすると別ウィンドウを開き、Cookieや履歴を保存しなくなる。

ie06.png 新たに搭載された「InPrivate」機能。この機能がオンの間に閲覧した履歴や利用したCookieは保存されない

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

統計家・西内 啓氏が語る「エビデンス」の力
統計学ブームに火を付けた西内 啓氏が、「エビデンス」に基づく意思決定の重要性について...

電通テックとトライベック・ストラテジー、「クイックデジマ」を共同で販売開始
デジタルマーケティング施策を実施する上で必要最低限の機能をパッケージ化し、低価格で...

テレビ視聴に関するアンケート調査――スカパーJSAT
スカパーJSATは、全国の10〜60代の男女を対象に「テレビ視聴に関するアンケート調査」を...