審査なし、制限なし、有料コンテンツあり

Androidアプリ配布サイト提供へ、米グーグル

2008/08/29

 米グーグルは8月28日、Android向けアプリケーションの配布サイト「Android Market」を発表した。グーグルが自社インフラを使ってアプリケーションをホスティングするサービスで、開発者はユーザー登録をしてアプリケーションをアップロードするだけで、自作アプリケーションを公開できる。2008年末に市場にAndroid搭載端末が登場するタイミングでベータ運用を開始する。

 YouTube同様にレーティングやコメントを受け付けることができるほか、開発者向けにはダウンロード数をカウントする分析ツールを含むダッシュボードも提供する。また、Android Market公開後のアップデートでは、バージョン管理、有料コンテンツ、複数デバイスサポートなどの追加機能を提供する予定という。

 Android Marketの計画を明かすブログの中で、米グーグルのエリック・チュー(Eric Chu)氏は、「開発者はオープンで妨害のない環境で自分たちのコンテンツを公開できるべきだとわれわれは考えているので、“ストア(お店)”ではなく“マーケット(市場)”という単語を選んだ」とiPhoneのAppStoreを意識したコメントを述べている。

 公開されたスクリーンショットを見る限り、セキュリティについては、ダウンロード時にはアプリケーションがデバイス上のどのリソースにアクセスするかを明示的にユーザーに示して注意を促すというモデルになるようだ。

1.png
2.png
3.png
4.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。