Adobe AIR、Silverlightに対抗

JavaFX SDK 1.0正式版をリリース、サン

2008/12/05

 サン・マイクロシステムズは12月4日、RIA構築用プラットフォーム「JavaFX 1.0」の正式版をリリースした。JavaFX 1.0には、JavaFXビデオサポートのほか、「JavaFX Development Environemnt」「JavaFX Production Suite」「JavaFX Desktop」の3つのコンポーネントを含む。コードサンプルやドキュメントも含め、公式サイトからダウンロードできる。

javafx01.png JavaFXの公式サイト(http://www.javafx.com/)

 JavaFX Video Supportはクロスプラットフォームでの動画再生環境を提供するもので、On2テクノロジーズが提供するコーデックをサポートする。On2は同社のFlixビデオエンコーダで、これまでサポートしていたFlash8/9向けや3GPP互換やH.264のモバイル向けに加えてJavaFXビデオに対応した。

 JavaFX Development Environmentはコンパイラとランタイムのほか、グラフィックやマルチメディア、Webサービス、テキスト関連のライブラリを含む。また、統合開発環境のNetBeans 6.5も含まれる。NetBeansだけでなく、Eclipse向けのJavaFXプラグインが含まれる。JavaFXはJavaのランタイムがある環境で活用でき、モバイル端末向けの開発がやりやすいよう、モバイル端末エミュレータも含まれているという。

 JavaFX Production Suiteはデザイナ向けツール。アドビ システムズのPhotoshopやIllustratorからワンクリックでJavaFX向けにデータをコンバートし、JavaFXアプリケーションに取り込める。

 JavaFX DesktopはJava SE 6 Update 10の機能を引き出すためのもので、Javaのプラグイン機能を実現する。これによりWebブラウザ中で稼働するJavaFXアプリケーションを、独立したデスクトップアプリケーションとしてドラッグ&ドロップで取り出すといった操作が可能になる。

 サン・マイクロシステムズは2009年春にはJavaFXのモバイル版も提供予定であるほか、テレビを含む組み込み向けとしても提供していく予定という。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...