戦略の中核にあるのはマイクロソフトの追い落とし

グーグルの「Native Client」とは?―エンジニアに聞いてみた

2008/12/12

 調査会社Net Applicationsが先週記者団に、「グーグルはカリフォルニア州マウンテンビューの本社から流している一部トラフィックの出どころを隠している」と語ったことを覚えているだろうか。

 グーグルがこれに反論する形で今週リリースした「Native Client」は、オープンソースのランタイムエンジン、ブラウザ用プラグイン、コンパイルツールをセットにし、コンピューティングデバイス上のWebアプリケーションパフォーマンス向上を目指す。Native ClientをグーグルのChromeブラウザおよびGearsと組み合わせれば、マイクロソフトのWindowsキラーとなるWeb OSができるとの見方もある。

 わたしはNative Clientに携わったグーグルのエンジニアリングディレクター、ライナス・アプソン氏と、Native Clientのエンジニアリングマネジャー、ブラッド・チェン氏、Native Clientのプロダクトマネジャー、ヘンリー・ブリッジ氏にインタビューした。

 質疑応答の全文はこちら(英文)に掲載しているが、手っ取り早く読みたいという読者のために主要部分を抜き出した。興味がある方は是非全文を読んで欲しい。セキュリティについて多くが語られている。

 アプソン氏は、Net Applicationsがなぜグーグルの一部トラフィックの出どころを突き止められなかったのかまったく分からないと話した。グーグルがWeb OSを開発中なのかどうかについては明言を避けた。

アプソン われわれはうわさについてはコメントしない。突拍子もないことを聞かれた時と同じだ。

――Chromeを発表する以前、Chromeの存在を否定していたのと同じですか。

アプソン(冗談めかして) Chromeのような、宇宙エレベーターや飛行船のようなものだ。それについては言えない。

 わたしの深読みなのかもしれないが、相手が知らないことを自分が知っている時のあの調子、誰かに話したくてたまらないが話せないというあの雰囲気が、アプソン氏にはあった。

 明らかに、グーグルはいわゆるWeb OSの複数のレイヤーを構築している。それが何で構成されるのかは不明だが、それによってWebアプリは(将来的により一層)Webアプリよりも高速かつ安定したものになる。

 優れたWeb OSスタックを構成するためChrome、Android、Gears、Native Clientに加えるとしたら何かという質問をアプソン氏は受け流し、こう指摘した。「マイクロソフトの独禁法訴訟以来、OSとは何なのか、わたしには分からなくなった。非常に幅広い線引きがされ、基本的にわれわれがWindowsと呼んでいるものがそれだということになった。コンピュータ科学の基本的な教科書では、OSとは何かの定義はもっと狭いものだった。わたしにはどうやっても、筋の通る理屈でOSを定義することはできない」

 以下アプソン氏の発言だ。

 しかしChrome、Native Client、Gearsでわれわれが何をやろうとしているのかは話せる。われわれは、デスクトップアプリケーションと同じくらいリッチで反応が良く、パワフルなWebアプリを人々が構築できるようにしたいと心から思っている。Webとデスクトップの間の溝を埋めたいのだ。それをオープンソースとオープン標準でやることに非常に力を入れている。

 アプソン氏がこれほど夢中になれる理由は何か。もしうまくやれば、現在画策しているよりも一層、検索でマイクロソフトを追い込める現実味が高まるからだ。検索とWebアプリを頂くグーグル OSなら、進化を続けるハングリーなWebユーザーの世界を決定的に覆す存在になるかもしれない。

 ではグーグルはどうやってこれを流通させるのか。アナリストのロブ・エンダール氏などは、マイクロソフトの弱点はNetbookにあると指摘する。

 (グーグルの)戦略の中核にあるのはマイクロソフトの追い落としだ。第1段階は主に、Windowsの価値の多くを取り去ってそれをクラウドに置くことだった。第2段階としてAndroid、Android用アプリケーションストア、 Gearsを使って追い落としに掛かり、第3段階で現在グーグルが地ならしを行っているエンタープライズにそのすべてを持ち込む。Windowsに真正面から向かっていくというよりは、スマートフォン、そしていずれはNetbookという側面から攻める。Windows Mobile 7のリリースが遅れ、NetbookでWindowsが問題になる中、もしもグーグルがシュートできれば、これまでのマイクロソフトのどのライバルよりもいいシュートを決められる。マイクロソフトのこれまでの繁栄は、シュートできなかったライバルたちのおかげなのだ。

 あなたはどう思うだろうか。グーグルは携帯電話に加えてNetbookでもマイクロソフトに勝てるだろうか。

原文へのリンク

(eWEEK Clint Boulton)

情報をお寄せください:


TechTargetジャパン

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...