カスタマイズされたアプリケーションの追加が容易に

OpenSocialやOpenID対応の「OpenPNE 3.0」リリース

2009/01/27

 手嶋屋は1月27日、オープンソースのSNSエンジンの最新バージョン「OpenPNE 3.0」をリリースした。Apache 2.0 Licenseの下配布されている。

 OpenPNEは、プロフィールや日記、コミュニティといった機能を提供するSNSソフトウェア。これまでに企業やサークルなど約3万の組織への導入実績がある。

 新バージョンは、OpenPNEを「プラットフォーム化」し、目的に合わせて柔軟にアプリケーションの追加を行えるようアーキテクチャを変更した。あらゆるSNSで必要となるメンバー情報管理や認証といった機能を提供する「Social Application Layer」と、目的やユーザーに応じて個別に追加可能な「Social Graph Layer」の2つに分離し、それらをつなぐ複数のAPIを採用した。

 その1つが、Googleが開発し公開しているソーシャルアプリケーション開発用API「OpenSocial API」だ。これにより、外部のサービスをOpenPNEに取り込むことができる。また「OpenPNE Plugin API」では、各組織のニーズに合わせたソーシャルアプリケーションを開発し、必要に応じて取り外しできるようになる。3つ目の「OpenPNE Web API」は、外部からOpenPNEの操作を可能にするもので、例えばiPhoneのカメラからOpenPNEにアルバムを投稿するアプリケーションなどが作成できるようになる。

 ほかに、OpenID対応による外部サービスとのID連携や国際化対応、複数の認証方式への対応やAjaxの採用など、多くの機能強化が施されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...