緊急時にブート可能なKNOPPIXも搭載

「ウイルス検出率99%」、セキュリティソフト「G DATA」が上陸

2009/02/05

 ジャングルは2月5日、ドイツのG DATAソフトウェアと業務提携を行い、総合セキュリティ対策ソフトである「G DATA インターネットセキュリティ 2009」シリーズ(以下、G DATA)を2月19日から販売すると発表した。AV-TEST.orgのウイルス検出率テスト結果が99%を超えることをアピールし、低価格でも高い性能を望む層をターゲットとする。

検知率という数値で勝負するウイルス対策ソフト

G DATAソフトウェア 代表取締役社長 Jag 山本氏 G DATAソフトウェア 代表取締役社長 Jag 山本氏

 G DATAソフトウェア 代表取締役社長のJag 山本氏は「日本のマーケットではウイルス対策ソフトの検知率があまり話題に上らなかった」と指摘する。AV-TEST.orgによるウイルス検出率テストは毎月行われているが、結果にばらつきがあるソフトも多い。中には特定の検知率テストの傾向と対策を読み、テストに合わせたチューニングをするベンダもあるのではないかと指摘する。山本氏はG DATAの検知率が14カ月連続で1位となっている実績を前面に出し、検知率という数字で勝負したいと述べる。

 G DATA 2009では2種類の定義ファイルを併用しスキャンを行う「ダブルスキャンエンジン」や未知のウイルスに対応するための「ヒューリスティックスキャン」、また強い感染力を持つウイルスを監視する「アウトブレイクシールド」で検知率を向上させている。これらのウイルス対策機能に加え、迷惑メール防止のためのスパム対策、不正アクセス防止のためのファイアウォール機能を持つ。

AV-Testによるウイルス検出率テスト結果(プレスリリースより) AV-Testによるウイルス検出率テスト結果(プレスリリースより)

USBメモリ版を提供、ミニノートPCでの利用も視野に

 G DATA 2009では光学ドライブを持たないミニノートPCへの対応として、USBメモリ版のパッケージの提供も行う。またCD-ROM版およびUSBメモリ版にはブータブルなLinux(KNOPPIX)がインストールされており、緊急時にはLinux版のウイルス駆除ソフトを起動できる。USBメモリの容量は2Gbytesで、1.5Gbytesの空き領域は自由に使える。

 市場想定価格は1年版/1台用が3980円、1年版/3台用が4480円、1年版/3台用USBメモリ版が4980円、3年版/3台用が1万1000円、バックアップ機能と最適化機能を加えた「G DATA インターネットセキュリティ プラス 2009」は6980円。パッケージ版を5月31日までに購入した場合、さらに6カ月の使用権をプレゼントするキャンペーンを実施する。

価格.comを襲ったウイルスも検知していた

トライコーダ代表取締役 上野宣氏 トライコーダ代表取締役 上野宣氏

 会見では@ITで「Security&Trustウォッチ」を連載する、トライコーダ 代表取締役 上野宣氏がウイルスの脅威について講演した。情報処理推進機構(IPA)が発表するウイルス届出件数の推移は2005年を境に減少しているが、これは攻撃が少なくなったのではなく「脅威の見えない化」によりウイルスを検知できなくなったのではないかと指摘する。

 上野氏は2005年に発生した価格.comの事例を取り上げた。このときに利用されたウイルスは「trojandownloader.small.AAO」「PSW.Delf.FZ」であったが、当時これを検知できたのはキヤノンシステムソリューションズの「NOD32アンチウイルス」だけであることが報じられた。しかし、実はその時点でも、G DATAのウイルス対策ソフトウェアはこれを検知できていたとのことだ。

 見えなくなった脅威への対策としては、技術的な対策とともに、最新の情報を収集することが重要である。しかし一般の利用者が最新の情報を集め続けることに期待はできないと上野氏は述べる。そのためにも、ウイルス対策ソフトを提供するベンダの協力が不可欠であると指摘した。

(@IT 宮田健)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 情報危機管理コンテストで考える――人材は育てるもの? それとも育つもの? (2017/6/21)
    さまざまなセキュリティインシデントに対応する能力をコンテスト形式で鍛える「第12回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が、2017年5月25〜27日に和歌山県田辺市で開催された。競技シナリオにもない脆弱(ぜいじゃく)性を見つけたチームあり、意識的に初参加者を加えたチームあり、これまでのコンテストの枠を超えた戦いが繰り広げられた
  • リクルートのCSIRTが、マルウェア対策の一部を内製化した理由 (2017/6/19)
     本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピューターインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする
  • 「WannaCry」の次は「SambaCry」? (2017/6/14)
    2017年5月のセキュリティクラスタ、ゴールデンウイークはのんびり過ごせたものの、その後が大変。ワームとして動くランサムウェア「WannaCry」の話題で持ちきりとなりました。騒ぎが落ち着いたと思ったら「SambaCry」が話題に。結局5月末まで、Windowsファイル共有サービスがタイムライン(TL)を賑わしていました。この他、無線LANのタダ乗り無罪判決に対し、総務省が違法だと主張してTL上で意見が飛び交いました。
  • 「WannaCry」にどう対処する、猛威を振るった「ランサムウェア」を知る記事12選 (2017/5/30)
     2017年5月12日からランサムウェア「WannaCry」が大きな話題になった。これをきっかけにランサムウェア対策を講じることになった企業も多いのではないだろうか。本稿では、ランサムウェアに関する記事をピックアップ。今後のセキュリティ対策の参考にしてみてはいかがだろうか
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH