Google ChromeとiTunesのUIも取り込む

米アップル、Safari 4ベータを発表

2009/02/25

 2月24日、米アップルはWebブラウザSafariの最新版4のベータ版を発表した。米アップルのサイトよりダウンロードできる。

 米アップルの発表によると、新しいJavaScriptエンジン「Nitro」によってJavaScriptの実行速度がSafari 3に比べ4.2倍速くなっているという。また他社製Webブラウザと比較しても「JavaScriptを、Internet Explorer 7より最大30倍速く、Firefox 3よりも3倍以上速く実行し、HTMLの読み込みも速く、Internet Explorer 7より3倍以上、Firefox 3と比べてもほぼ3倍の速さで読み込む」としている。

 またSafari 4 Betaからの新機能として、以下の機能が追加された。

  • Windows用Safariのネイティブルック:Windows標準のフォントレンダリングとネイティブタイトルバー、ボーダー、ツールバーを使ったUI
  • Top Sites:頻繁に訪れるページをプレビューで表示し、ワンクリックでサイトに移動
写真 Top Sites機能とGoogle ChromeのようなシンプルなUI
  • Cover Flow:訪問したWebサイトの履歴やブックマークの検索がiTunesでアルバムアートをめくるようにできる
写真 Cover Flow機能
  • Full History Search:最近見たWebページのタイトル、アドレス、テキスト全体を検索して、以前に訪れたWebサイトに戻る
写真 Full History Search機能
  • Smart Address Field:Top Sites、ブックマーク、閲覧履歴からの候補リストを表示することにより、Webアドレスを最後までタイプすることなく入力できる
  • Smart Search Field:Google Suggestが提案する候補や最近の検索結果のリストを基に検索を微調整
  • Tabs on Top:ドラッグ&ドロップによるタブ管理ツール
  • Full Page Zoom:Webサイトのレイアウトやテキストを[Ctl]+[+]/[-]で素早く拡大/縮小

 また、Safari 4 BetaはオフラインWeb技術を取り入れているHTML 5をサポートしているため、オフライン時のWebアプリケーションでも情報をローカルに保存できる。さらに、リフレクションやグラディエント、プレシジョンマスクを使ってWebグラフィックスを可能にするCSS効果をサポートしている。

 Acid 3テストにも合格したということで試してみたのが、以下の画像だ。

写真 Safari 4 BetaでAcid 3テストを実行

 印象としては、同じHTMLレンダリングエンジンWebKitを使っているGoogle Chromeの速さとシンプルなUIをかなり意識したと思われる。そのうえ、iTunes/Mac OS X 10.5のCoverFlowなどアップルの持つ独自のUIを取り込んだいいとこ取りのWebブラウザだ。

関連リンク

(@IT編集部 平田修)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

The Trade DeskとWhite Opsが提携、アドフラウド対策のプラットフォームを提供開始
The Trade DeskはWhite Opsと提携を発表し、広告業界におけるアドフラウド対策のプラット...

セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代...

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...