脆弱性にもサンドボックスモデルが有効

Chrome 2.0正式版登場、グーグルは安全性も強調

2009/05/22

 グーグルは5月22日、オープンソースベースのWebブラウザの最新版「Google Chrome 2.0正式版」をリリースした。Windows XP/Vista対応版を同社のWebサイトからダウンロードできるほか、インストール済みのChromeは自動アップデートされる。同社は2008年9月に初めてのChromeベータ版をリリースしてから、約3カ月でバージョン1.0正式版を出し、さらにその後5カ月強でバージョン2.0を出したことになる。

chrome01.jpg グーグル シニアプロダクトマネージャー 及川卓也氏

 Chrome 2.0のChrome 1.0からの機能強化・追加は以下の通り。

  • JavaScriptエンジン「V8」の高速化。JavaScriptを多用するページでは1.0に比べて30%高速化しているという
  • フォームのオートフィル機能を実装
  • プロキシ設定を自動化するPACファイル対応
  • 新規タブを開いたときに表示されるサムネイルの編集機能
  • プレゼンテーション時などに使えるフルスクリーン表示機能

 同日に東京都内で会見したグーグル シニアプロダクトマネージャー 及川卓也氏は、速度や機能強化に合わせてChromeの安全性を改めて強調した。

 ChromeやWebKitには、これまでいくつかクリティカルな脆弱性が報告されている。例えば、4月19日に報告されたグラフィックライブラリのSkiaにあった脆弱性は、画像サイズの計算時に整数値のオーバーフローをチェックしておらず、このため簡単なスクリプトを書くことで任意のコードを実行できてしまう、というものだった。

 こうした脆弱性は、通常はトロイの木馬などWeb経由で感染するタイプのマルウェアの入り口となるケースが多い。しかし及川氏によれば、Chromeでは2つの理由から、このような危険な脆弱性でもChromeは一定の安全性を保てるという。

 1つはChromeのタブがサンドボックス環境となっていること。各タブは、独立したプロセスとしてそれぞれが“閉じた環境”で動いているため、たとえタブを乗っ取られてもWindowsのシステムディレクトリや、ほかのタブに対して悪影響を及ぼすことがないという。「システムへの書き込みができないので、攻撃者はローカルPCを攻撃できない」(及川氏)。

 また、Chromeではセキュリティパッチやバージョンアップといった更新作業を自動で行うため、ユーザーがブラウザやOSを再起動すれば、最新のバージョンとなっている。こうしたことから、脆弱性が発見されてから、ユーザーがパッチを適用するまでの期間が短く、攻撃者が脆弱性を悪用することが難しい。「長くても数日の間にほとんどのユーザーが最新版にアップデートしている」(及川氏)。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...