「世界展開はあきらめていない」

インフォテリア、iPhone向けコンテンツ作成・配信サービス開始

2009/06/02

infoteria01.jpg Handbookアプリの画面

 インフォテリアは6月2日、iPhone/iPod Touch上でさまざまなコンテンツを配信、閲覧できるようにするサービス「Handbook」を開始した。コンテンツホルダーがiPhone専用のアプリケーションを作成したり、インフラを用意したりしなくても、ブログと同じような感覚でコンテンツを配信・閲覧できることが特徴だ。

 Handbookは、インフォテリアが運営するコンテンツ配信用サーバ「Handbook Studio」と、そこで作成されたコンテンツを表示するiPhone/iPod Touch用アプリケーション「Handbookアプリ」から構成される。コンテンツホルダーは、WebブラウザでHandbook Studio上にアクセスし、配信したいコンテンツをWeb上で作成する。テキストのコピー&ペーストや画像・動画の貼り付けなどにより、HTMLなどの知識がなくともiPhone向けのコンテンツを作成できることが特徴だ。

 作成したコンテンツには、任意の「キーコード」を設定し、それを別途配布することでアクセス可能なユーザーを設定できる。コンテンツは「ハンドブック」「チャプター」「セクション」の3階層構造で構成できるが、チャプター単位でのキーコード設定も可能だ。これにより、社内向けなどクローズドなコンテンツについても、対象をコントロールしながら配布できる。また、オフラインでの閲覧を可能にするダウンロード機能も備えている。ただし、既存のシステム上のコンテンツの一括変換などはサポートしていない。

infoteria02.jpg Handbook Studioでは、ブログのような感覚でiPhone向けコンテンツを作成できる
infoteria03.jpg インフォテリア 代表取締役社長 平野洋一郎氏

 Handbookアプリは無償で提供されるが、現在、AppStoreでの登録待ちの段階だ。一方Handbook Studioの利用料金は、コンテンツ容量500MBごとに月額2万1000円となる。また、別途ハードウェアを用意し、VMwareで動作する仮想アプライアンスとしてHandbook Studioを提供するモデルも用意される。

 インフォテリアでは、商品カタログや学校での教育コンテンツ、説明書の配布や博物館などでのガイドといった用途を見込み、2011年に2億円の売り上げを目指している。なお、iPhone 3.0でサポートされる予定のコンテンツ課金への対応を予定するほか、BlackberryやAndoroidなど、ほかの携帯プラットフォームでの動作についても検証を進めているという。

 インフォテリアの代表取締役社長、平野洋一郎氏は「スマートフォン市場は、ガラパゴスと呼ばれる日本の携帯電話とは異なり、世界に展開できる」と述べた。6月に米国法人のインフォテリアUSAを閉鎖したばかりだが、「これで世界展開をあきらめたわけではない」とし、英語版や中国語版なども提供する予定だという。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...

「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広...

フルファネルマーケティングと9つのKPI
1人のユーザーが購買に至るまでの各ステージで適切なキャンペーンを実施するフルファネル...