「世界展開はあきらめていない」

インフォテリア、iPhone向けコンテンツ作成・配信サービス開始

2009/06/02

infoteria01.jpg Handbookアプリの画面

 インフォテリアは6月2日、iPhone/iPod Touch上でさまざまなコンテンツを配信、閲覧できるようにするサービス「Handbook」を開始した。コンテンツホルダーがiPhone専用のアプリケーションを作成したり、インフラを用意したりしなくても、ブログと同じような感覚でコンテンツを配信・閲覧できることが特徴だ。

 Handbookは、インフォテリアが運営するコンテンツ配信用サーバ「Handbook Studio」と、そこで作成されたコンテンツを表示するiPhone/iPod Touch用アプリケーション「Handbookアプリ」から構成される。コンテンツホルダーは、WebブラウザでHandbook Studio上にアクセスし、配信したいコンテンツをWeb上で作成する。テキストのコピー&ペーストや画像・動画の貼り付けなどにより、HTMLなどの知識がなくともiPhone向けのコンテンツを作成できることが特徴だ。

 作成したコンテンツには、任意の「キーコード」を設定し、それを別途配布することでアクセス可能なユーザーを設定できる。コンテンツは「ハンドブック」「チャプター」「セクション」の3階層構造で構成できるが、チャプター単位でのキーコード設定も可能だ。これにより、社内向けなどクローズドなコンテンツについても、対象をコントロールしながら配布できる。また、オフラインでの閲覧を可能にするダウンロード機能も備えている。ただし、既存のシステム上のコンテンツの一括変換などはサポートしていない。

infoteria02.jpg Handbook Studioでは、ブログのような感覚でiPhone向けコンテンツを作成できる
infoteria03.jpg インフォテリア 代表取締役社長 平野洋一郎氏

 Handbookアプリは無償で提供されるが、現在、AppStoreでの登録待ちの段階だ。一方Handbook Studioの利用料金は、コンテンツ容量500MBごとに月額2万1000円となる。また、別途ハードウェアを用意し、VMwareで動作する仮想アプライアンスとしてHandbook Studioを提供するモデルも用意される。

 インフォテリアでは、商品カタログや学校での教育コンテンツ、説明書の配布や博物館などでのガイドといった用途を見込み、2011年に2億円の売り上げを目指している。なお、iPhone 3.0でサポートされる予定のコンテンツ課金への対応を予定するほか、BlackberryやAndoroidなど、ほかの携帯プラットフォームでの動作についても検証を進めているという。

 インフォテリアの代表取締役社長、平野洋一郎氏は「スマートフォン市場は、ガラパゴスと呼ばれる日本の携帯電話とは異なり、世界に展開できる」と述べた。6月に米国法人のインフォテリアUSAを閉鎖したばかりだが、「これで世界展開をあきらめたわけではない」とし、英語版や中国語版なども提供する予定だという。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...