位置情報活用で高精度にターゲティング

Android/iPhoneアプリ向け広告配信、グーグルが開始へ

2009/06/25

 グーグルは6月24日、これまで限られたパートナーとテストを進めてきた新しいモバイル向け広告配信プラットフォーム「Google AdSense for Mobile Applications」をベータ版として公開した。

 現在ベータ版テストに参加できるのは、1日に10万ページビュー以上がある無償アプリケーションに限られる。SDKを使ってアプリケーションに組み込むことで、Android、iPhone向けにテキスト・画像で、グーグルが配信する広告を埋め込むことができる。アプリケーション開発者は、表示を許可する広告の種類を指定できる。表示位置や表示サイズも選択できる。

 表示される広告は、ユーザーの位置情報、アプリケーションの種類、カテゴリー、キーワードなどで動的に決定するという。

 モバイル向け広告配信プラットフォームとして、これまでグーグルはHTMLに含まれるキーワードなどを元に広告を配信するコンテンツ連動型のものを2007年9月に開始している。

adsense01.png

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。