Adobe MAX 2009でお披露目

FlashアプリがiPhoneで動く――Adobeが変換ツール

2009/10/06

 米Adobe Systemsは10月5日、同社主催の開発者向けカンファレンス「Adobe MAX 2009」において、AppleのiPhone、iPod touch向けのリッチでインタラクティブなアプリケーション開発を可能にするオーサリングツール「Adobe Flash Professional CS5」を発表した。

 このツールにより、開発者はFlashを使ったアプリケーションをiPhone上でネイティブに実行させられることになる。ただしこれは、Adobeが同日にAdobe MAX 2009において行った「Flash Player 10.1」の発表とは別物だ。AdobeはFlash Player 10.1により、Windows MobileやAndroid、BlackBerry、Palm webOS、Symbian OSなどを搭載する携帯端末でFlashコンテンツのフル再生をサポートする計画を明らかにしている。

 Adobeのクリエイティブソリューションビジネス事業部上級副社長ジョン・ロイアコノ氏はAdobe MAX 2009の基調講演において、Adobe Flash Professional CS5を簡単に紹介し、同ツールを使ってiPhone向けのリッチでインタラクティブなFlashアプリケーションを開発する方法を説明した。同ツールは公開β版が年内にリリースされる見通し。

 ロイアコノ氏はFlash Professional CS5のデモンストレーションを行い、Adobe AIRやFlash Player 10など、デスクトップや各種デバイスのFlash Platformランタイムに用いるのと同じソースコードを使って、FlashアプリケーションをiPhone用にエクスポートする方法を披露した。この新しい機能により、現在Adobeの人気Flashオーサリングツールを使っている何百万人というデザイナーや開発者にiPhoneアプリケーション開発の道が開かれることになる。

 「Adobe Creative Suiteは世界中のデザイナーと開発者にとって不可欠なツールであり、各種の製品やブランド、アイデアを目立たせるための、事実上すべてのコンテンツやアプリケーションに使われている。今回の動きはFlash開発者にとって画期的な進展だ。これで、各種のFlash対応デバイスだけでなく、iPhoneをターゲットに据えて、既存のコンテンツや知識を活用できることになる」とロイアコノ氏。

 Breakdesignの共同創業者ステファン・ウィーゼルズ氏は今回の件について、次のように語る。「当社の既存のFlash LiteゲームをiPhoneに移植し、Flash技術を使って新たにiPhone向けのカジュアルゲームを開発できるというのは、われわれにとって非常に大きなメリットだ。これでようやく、当社のような小さな会社も、ゼロから再コーディングを行なわずとも複数のプラットフォームに対応するモバイルゲームを手掛けられることになる」

 またBowler Hat Gamesの創業者ジョシュ・タインヤラ氏は次のように語る。「Flash Professional CS5のβによって、iPhone向けのアプリケーションを開発できるのであれば、新しいプログラミング言語やそれに付随する膨大な量の開発ツールを習得する必要がなくなる。その代わりに、iPhoneなどの携帯端末でChroma Circuitのようなゲームをもっと楽しんでもらうための開発作業や、売上を増やすための取り組みに、より多くの時間を費やせるようになる」

 さらにAdobeはAdobe MAX 2009において、Flash Professional CS5のβを使って開発された一連の新しいiPhoneアプリケーションを披露した。このβを使ったiPhoneアプリケーションの開発には、BlueSkyNorth、Bowler Hat Games、Breakdesign、FlashGameLicense、Muchosmedia、PushButton Labs、South Park Digital Studiosなどが参加している。

 またAdobeは目下、Web会議ソリューション「Adobe Acrobat Connect Pro」のiPhone版も含め、幾つかのアプリケーションをApp Storeに登録申請中という。これらの新しいアプリケーションの一部については現在、iPhoneユーザー向けにApple App Store内からダウンロード可能となっている。詳細はhttp://www.adobe.com/go/iphoneを参照のこと。

 なお、Adobeの最高技術責任者(CTO)ケビン・リンチ氏は次のように発言している。「当社のエンジニアリングチームは最新のFlash技術をiPhoneに対応させることに成功した。これでFlashコミュニティにもApp Storeへの参入の道が開かれた。あとはAppleがiPhoneユーザーにWebブラウザ体験をフルに提供する準備さえ整えば、われわれも(iPhoneの)SafariブラウザにFlash Playerを統合できる」

原文へのリンク

(Darryl K. Taft)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...

ダウンロードフリー! 「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook 形式に再編集した新シリ...

第1回 なぜ、いま、DMPなのか?
最近のデジタルマーケティング分野における重要キーワードにDMP(Data Management Platfo...