IE7を逆転

バージョン別シェアでFirefox 3.5がナンバー1に

2009/12/22

 Webサイトのアクセス解析サービスを提供するStatCounterの2009年12月のWebブラウザのシェア調査データで、バージョン別で見た場合に初めてFirefox 3.5がナンバーワンの座に躍り出た。逆転が起こったのは2009年51週目で、IE7.0が21.2%のシェアであるのに対して、Firefox 3.5のシェアは21.93%となったという。調査対象は全世界の約300万サイトで2009年7月時点で約58億ヒットという規模。

stats01.png バージョン別のWebブラウザ利用率(出典:StatCounter)

 ただし、これはバージョン別で見た場合のシェア。全体で見れば、IEが55.4%、Firefoxが31.95%と、まだIEがリードしている。現在の勢力をざっくり言えば、IE7、IE8、Firefox 3.5の最新ブラウザが、それぞれほぼ20%強で拮抗しており、これにIE6とFirefox 3.0の10%前後のシェアが続くという形になっている。

stat02.png バージョンを区別せずに集計した2009年12月現在のWebブラウザのシェア(出典:StatCounter)

 2強となっているIEとFirefoxだが、IEは長期低落傾向にあり、各バージョンのシェアを合計したシェアでは、IEは過去1年で67.5%→55.4%と約12ポイント以上下落しているのに対して、Firefoxは24.9%→31.9%と約7ポイント上昇している。

stat03.png 2008年から2009年にかけてのIEとFirefoxのシェアの推移(出典:StatCounter)

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...