従来のIPAフォントもバージョンアップ

IPAフォントに固定幅と変動幅を統合した新シリーズが登場

2010/02/26

 情報処理推進機構(IPA)は2月26日、無償で利用できる日本語フォント「IPAフォント」の新シリーズ「IPAexフォント」を公開した。同時に、IPAフォントのバージョンアップ版も公開している。

 IPAフォントは、「IPAフォントライセンス」に基づいて配布されている日本語フォント。2007年10月の一般公開以来、10を超えるLinuxディストリビューションやアプリケーションに採用されているという。

ipa01.jpg

 新シリーズのIPAexフォントでは、固定幅とプロポーショナル(変動幅)を1つのフォントに統合した。

 従来のIPAフォントでは、固定幅の「IPA明朝」「IPAゴシック」と、変動幅の「IPA P明朝」「IPA Pゴシック」という4種類のフォントを完全に分離して提供していたため、1つの文書の中でフォントを使い分ける必要があった。これに対しIPAexフォントでは、「IPA明朝・IPA P明朝」および「IPAゴシック・IPA Pゴシック」をそれぞれ1つのフォントに統合した「IPAex明朝」と「IPAexゴシック」を新規に開発。和文文字は固定幅を、欧文文字は変動幅を基本とした実装を行い、従来のわずらわしさを解消したという。

 さらに、可読性向上を目指した文字デザインの変更、円記号およびバックスラッシュの仕様変更なども施している。

 またIPAフォント Ver.003.02では、ユーザーからの指摘があった不具合を修正。さらに、欧文と数字の判別が容易となるよう文字のデザインなどを修正したほか、ヒント情報の付加などが行われている。

 IPAexフォントおよびIPAフォントはいずれも、IPAが運営しているオープンソース情報データベース「OSS iPedia」でダウンロードできる。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...