ソーシャルサービスに適するプラットフォームとは

共同購入型クーポンサービス、RailsのPaaS「Heroku」上に構築

2010/06/21

 インターネットメディア運営や経営・財務コンサルティングを行うソラドは、共同購入型クーポンサービス「ミナワリ」を6月18日にリリースした。

minawari01.jpg ミナワリのサイト

 共同購入型クーポンサービスとは、米国でスタートした「Groupon」というサービスを基に流行の兆しを見せているサービスであり、日本でも最近、いくつかのサービスが稼働している。

 例えばミナワリでは、5000円のディナーコースを出すレストランがあるとして、これに対し100人のユーザーが購入したいと手を上げた場合、店舗側が50%引きの2500円でディナーコースを提供するようなイメージだ。取引は、ニューヨークやロサンゼルスなどエリアに特化した条件で、1〜3日程度の短期間で行われる。購入はクレジット決済によって行われ、最低購入者数を満たした時点で取引成立となる。

 ユーザー側からすると、共同購入によって通常より廉価にサービスを購入できる。店舗側からすると、1日の取引は基本的に1件のため店舗の広告になり、短期間で顧客を集客するメリットがあるといえる。

Ruby on RailsのPaaS「Heroku」とは

 プラットフォームとしては、Ruby on RailsのPaaSである「Heroku」を利用しているという。

minawari02.jpg Herokuのサイト

 Herokuは2010年6月現在、約7万のアプリケーションがデプロイされている。Herokuは「DynoGrid」と呼ばれる仮想化環境に構築されており、そのアーキテクチャは下記のようなイメージだ。

minawari03.jpg Herokuのアーキテクチャ
minawari04.jpg DynoGrid上にアプリケーションを配置する

 CPUは、「DYNO」と呼ばれる単位で、1時間当たり5セントから追加購入できる。データベースも、容量に応じて購入できる。最少量の5Mbytesは「Blossom」と呼ばれるデータベースで無料だが、それでは一般的なサービスは難しいので、実際には20Gbytesまで利用可能な「Koi」と呼ばれるデータベースを購入することになるだろう。

minawari05.jpg Herokuのオプションメニュー(「Ronin」「Fugu」など日本語ベースのオプション名が多い)

 一般的なサイトで必要な以下の機能も、状況に応じて追加購入できる。

  • デプロイ機能:Gitを使って、コマンドラインでデプロイ可能
  • データベースのバックアップ:1世代のみは無償。無制限バックアップは月額20ドル
  • 例外監視:例外監視モニタを無償で利用可能。プレミアム機能は月額9ドル
  • バッチ:日時バッチは無償。時間単位のバッチは、月額3ドル
  • Memcache:メモキャッシュ機能をリソース量に応じて購入可能
  • DeployHook:デプロイ時にメール送信など通知機能

 また、一般的なECサイトで必要とされる下記の機能も備えている。

  • DNSを使った独自ドメインでの運用
  • 大量メール配信機能
  • SSL(IPベース、DNSベース)

 このほかにもアドオンで、Amazon RDSとの連携や「Apigee」(Web API呼び出しを解析・管理するサービス)によるTwitterとの連携機能などもある。

minawari06.jpg Herokuのアドオン

「PaaSで将来的にはアプリ自体の貸し出しも」

 ミナワリの開発を担当したシグマコンサルティングの橋本圭一氏は「Webサービスは、扱う商品やTwitterでの反応、TVなどのマスメディア報道によって、急なトラフィック増が起きることもある。そのため、リソースを柔軟にコントロールできる環境が望ましかった。Herokuは、今回のようなソーシャルコマースビジネスに非常に適していた」と語る。

 また、運用面にも大きなメリットを感じているようだ。「運用はHeroku側に任せるので、弊社のような小さい企業でも十分なインフラを活用して勝負できる。開発側で行うのは、状況に応じてリソースを増減させることだ。こういったPaaSは、将来的にはアプリケーション自体の貸し出しなども選択肢として見据えることができるのも魅力の1つだろう」(橋本氏)。

関連リンク

(@IT 平田修)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...