OpenStack関連技術を開発

日本発ITベンチャーのミドクラ、総額1億円超を調達

2011/04/14

 ITベンチャー企業のミドクラは4月13日、1億1300万円のシード・ラウンド出資を受けたと発表した。

 ミドクラは日本企業だが、エンジニアのほぼ全員が米グーグル、米アマゾンで、クラウドコンピューティングやは分散インフラ技術に関わっていたコンピュータサイエンスの博士号、修士号を持つ外国人という。

 ミドクラは、クラウド構築・運用システムのオープンソース・プロジェクトであるOpenStackをベースにしたソフトウェア・ソリューションを提供、独自のネットワーク仮想化技術を有し、パブリッククラウドとプライベートクラウド双方に利用可能な技術プラットフォームを開発していくという。

 今回出資したのはビットアイル、NTTインベストメントパートナーズのNTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合、1stホールディングス、サンブリッジ代表取締役会長兼CEOであるアレン・マイナー氏をはじめとした複数の IT 関連現役・OB 経営者など。

関連リンク

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...

日本オラクル、三井住友銀行の顧客管理システムに「Oracle Exadata」など3製品を導入
日本オラクルは10月15日、三井住友銀行の新顧客管理システム構築に向けて、高速データベ...