7月以降に「アドレス移転制度」の施行も

日本でもIPv4アドレス在庫が枯渇、分配方法は新ルールへ

2011/04/15

 APNIC(Asia-Pacific Network Information Centre)は4月15日、IPv4アドレスの在庫が枯渇したことを発表した。これにともない、APNICとアドレス在庫を共有している日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)においてもIPv4アドレスの在庫がなくなり、通常割り振りを終了した。

 これに先立つ2月1日には、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)が各地域のIPアドレスの登録、管理を行うRIR(Regional Internet Registry)に対し、最後に残っていたIPv4のアドレスブロックを割り振り、IPv4アドレスの中央在庫が枯渇していた。世界に5つあるRIRのうち、APNIC、つまり日本を含むアジア太平洋地域で最初にIPv4アドレス在庫が枯渇したことになる。

 APNIC/JPNICでの在庫枯渇にともない、最後の/8ブロックについては分配方法が変更になる。JPNICが公開済みの「最後の/8ブロックからの分配ポリシー」に基づき、「新規の事業者」および「IPv6への移行のため」に割り振る。基準を満たした組織には、1組織につき1回だけ/22(1024個)の割り振りが認められるルールだが、APNICにおける議論の結果によっては、最小分配サイズを/24(256個)に変更することも検討している。これまでのように、IPv4アドレスが足りなくなったからといって「おかわり」を自由に申請することはできなくなる。

 JPNICは同時に、すでに分配済みのIPv4アドレスの再利用方法の1つとして、「IPv4アドレスブロックの移転制度」も検討する。現在のルールでもIPv4アドレスの譲渡は可能だが、組織の統廃合など非常に限定的な場合に限られていた。このルールを緩和し、ユーザー間でIPv4アドレスを移転できるようにすることで、流動性を高め、余っているIPv4アドレスの有効活用を促す。JPNICは4月28日まIPv4アドレス移転制度に対する意見を募集し、その内容を踏まえ、7〜8月に移転制度を施行する予定だ。

 また、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースは、枯渇が現実のものになったことを受け、早い段階でIPv6への対応を進めていくことが求められると指摘。いよいよ「事前準備から実行の段階へ」入り、新しいステージに進んだとしている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Master of IP Network フォーラム 新着記事
  • ガートナーが示す、IoTプラットフォーム導入のためのヒントとは (2017/4/6)
     企業の経営判断の中心はERPからIoTへと移行しようとしている。P&Gと米国の大手機器メーカーの事例とともに、「IoTをどう生かすべきか」のヒントをガートナーのイベントから探る
  • シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか (2017/2/27)
     シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる
  • ネットワークの疎通を確認するには?〜ping/traceroute〜 (2017/1/30)
     マシンのネットワーク設定を行い、外部のネットワークやサーバとつながるかどうかを確認する際には、実際にネットワーク・アプリケーションを使う前に、「ping」「traceroute(tracert)」などのコマンドを用いる方法が有効だ
  • ping 〜ネットワークの疎通を確認する (2017/1/23)
     pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドだ

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...