手始めに学生対象の福岡大会からスタート

国内でもCTF、「SECCON CTF」が2月18日から開催

2012/02/10

 2月18日、19日の2日間にわたって、「SECCON CTF」福岡大会(九州地区)が九州工業大学飯塚キャンパスで開催される。日本全体のセキュリティ技術の底上げと人材の発掘および育成を目的に、国内で開催される本格的なCTF大会となる。

 CTF(Capture the Flag)とは、セキュリティ技術を競うコンテストの総称だ。出題形式はさまざまで、クイズ形式で知識を問うものもあれば、バイナリ解析や脆弱性分析など、より実践に近いセキュリティ技術を対戦形式で競うものもある。「ハッカソン」とはまた異なる形で、セキュリティ関連の知識はもちろん、そのベースとなるプログラミングやネットワークに関する技術を実践形式で試し、身に付ける機会となっている。

 海外では20年近い歴史があり、特に、毎年夏に米ラスベガスで開催されるセキュリティイベント「DEFCON」のCTFは有名だ。これまでにも個人、あるいは日本人チームが何度かチャレンジしており、2011年はチーム「sutegoma2」がDEFCON CTFの予選を突破するに至ったが、本戦では残念ながら成績を残せなかった。「残念ながら、世界に大きく水をあけられている状況」(同大会Webサイトより)という。

 CTFは韓国や台湾、マレーシアなどアジア地域でも開催されているが、日本では長らく空白期間が続いていた。こうした背景を踏まえ、セキュリティ人材の育成と底上げを目的に、国内でもCTFを開催するに至ったという。SECCON CTF 実行委員の園田道夫氏は、「世界中で開催されているCTF大会で存在感を発揮できるように、まずは選手層を厚くしていきたい。それが世界に通じる人材を多数生み出すことにつながると思う」と述べている。

 主催はSECCON CTF実行委員会。なお同実行委員会には、sutegoma2の有志ならびにセキュリティ&プログラミングキャンプの元講師陣が参加しており、運営および問題作成などを支援している。

 福岡大会の参加者は学生のみとしており、交通費が一部補助される。なお今回は、運営やロジスティックなどの検証も含めた大会という位置付け。このフィードバックを踏まえ、今後、国内各地で社会人向けも含めて同様の大会を開催し、最終的には全国大会につなげていきたいとしている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH