1週間分の統計情報もダウンロード可能

nicterの観測情報をWebで公開、ダークネットトラフィックを可視化

2012/03/30

 情報通信研究機構(NICT)は3月30日から、サイバー攻撃やマルウェアの観測システム「nicter」で収集している情報の一部の公開を開始した。どういったパケットがどの発信元から送られているかといった情報を、専用サイト「nicterWeb」でリアルタイムに把握できる。

 nicter(Network Incident analysis Center for Tactical Emergency Response)は、NICTのネットワークセキュリティ研究所が開発した、攻撃トラフィックの観測/分析システムだ。インターネットを流れるトラフィックに基づいたマクロ的な解析と、マルウェア分析に基づくミクロ的な解析を組み合わせて相関分析を行い、サイバー攻撃の傾向を可視化する。

 nicterの解析対象の一部に、「ダークネット」のトラフィックがある。

 ダークネットは、インターネットから到達可能だが未使用のIPアドレス空間だ。通常の通信ならば、実在する相手に対してパケットを送信するはずで、未使用のIPアドレス向けにトラフィックが発生するはずはない。従って、ダークネット宛に送信されるパケットは、通常の通信ではなく、マルウェアによる感染活動など何らかの不正な活動に起因するものである可能性が高い。nicterは、こうしたダークネット宛のパケットを観測することで、インターネット上の不正な活動の傾向を把握している。

 nicterWebでは、このダークネット宛トラフィックを、立方体にマッピングした「Cube」や、地図上に表示した「Atlas」という形でリアルタイムに可視化し、提供するほか、国別ホスト数/パケット数やTCP/UDP ポート別のホスト数やパケット数といった1週間分の統計情報を公開する。

nicter01.jpg

 例えば公開当日の情報では、国別ホスト数で最多は中国(40%)で、ロシア(16%)、アメリカ(6%)が続いている、といった事柄が一目瞭然だ。これら統計情報は、画像(PNG形式)やCSVファイルとしてダウンロードすることも可能だ。

 NICTでは、こうした情報の公開によって、一般ユーザーにサイバー攻撃の情報を伝えるとともに、日本のネットワークセキュリティに役立ててほしいとしている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH