キャッシュDNSサーバと権威DNSサーバ、双方とも対象に

またもやBIND 9にDoSにつながる脆弱性、アップグレード推奨

2012/09/13

 米Internet Systems Consortium(ISC)は9月12日、BIND 9.xにDoS攻撃につながる脆弱性が存在するとして、セキュリティアドバイザリを公開した。これを受けて、日本レジストリサービス(JPRS)やJPCERT/CCといった複数の組織も注意を呼び掛けている。

 脆弱性が存在するのは、これまでにリリースされたすべてのバージョンのBIND 9。リソースレコード(RR)の取り扱いに不具合があり、RDATAフィールドの長さが6万5535バイトを超えるRRが読み込まれると、namedが異常終了を起こし、サービスが停止する恐れがある。

 ISCによれば、いまのところこの脆弱性を悪用した攻撃は確認されていない。しかし、攻撃手法が比較的容易であり、しかもキャッシュDNSサーバと権威DNSサーバの双方が対象となることから、ISCは脆弱性の深刻度を「重大」と判断し、早急な対応を呼び掛けている。

 具体的には、脆弱性を修正した新バージョン、BIND 9.9.1-P3/9.8.3-P3/9.7.6-P3/9.6-ESV-R7-P3へのアップグレードが強く推奨されている。

 なお9月6日には、次の正式リリースに向けた開発版であるBIND 9.6-ESV-R8rc1/9.7.7rc1/9.8.4rc1/9.9.2rc1がリリースされているが、これらも脆弱性の影響を受けるため、注意が必要だ。逆に、サポートが終了している9.4系や9.5系なども影響を受けるため、サポート対象のバージョンへの移行を検討すべきという。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 専門家が教える「脆弱性情報」の見方 (2016/5/27)
     セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第26回のテーマは「脆弱性情報への対処の仕方」です。名前や危険度などの情報に振り回されないための考え方を解説します
  • 「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない (2016/5/24)
     人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます
  • インシデント発生時のコストを最小限に抑えるデータ運用術 (2016/5/23)
     内部不正などのセキュリティインシデント発生時に避けて通れないのが、関連データを洗い出し、解析する「フォレンジック」だ。本稿では、万が一に備えた「データ運用術」を現場の“デジタルフォレンジッカー”が指南する
  • 「Google Hacking(グーグル ハッキング)」とは (2016/5/20)
     セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第25回は用語解説シリーズです。「Google Hacking(グーグル ハッキング)」を取り上げます
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH