キャッシュDNSサーバと権威DNSサーバ、双方とも対象に

またもやBIND 9にDoSにつながる脆弱性、アップグレード推奨

2012/09/13

 米Internet Systems Consortium(ISC)は9月12日、BIND 9.xにDoS攻撃につながる脆弱性が存在するとして、セキュリティアドバイザリを公開した。これを受けて、日本レジストリサービス(JPRS)やJPCERT/CCといった複数の組織も注意を呼び掛けている。

 脆弱性が存在するのは、これまでにリリースされたすべてのバージョンのBIND 9。リソースレコード(RR)の取り扱いに不具合があり、RDATAフィールドの長さが6万5535バイトを超えるRRが読み込まれると、namedが異常終了を起こし、サービスが停止する恐れがある。

 ISCによれば、いまのところこの脆弱性を悪用した攻撃は確認されていない。しかし、攻撃手法が比較的容易であり、しかもキャッシュDNSサーバと権威DNSサーバの双方が対象となることから、ISCは脆弱性の深刻度を「重大」と判断し、早急な対応を呼び掛けている。

 具体的には、脆弱性を修正した新バージョン、BIND 9.9.1-P3/9.8.3-P3/9.7.6-P3/9.6-ESV-R7-P3へのアップグレードが強く推奨されている。

 なお9月6日には、次の正式リリースに向けた開発版であるBIND 9.6-ESV-R8rc1/9.7.7rc1/9.8.4rc1/9.9.2rc1がリリースされているが、これらも脆弱性の影響を受けるため、注意が必要だ。逆に、サポートが終了している9.4系や9.5系なども影響を受けるため、サポート対象のバージョンへの移行を検討すべきという。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...

日本オラクル、三井住友銀行の顧客管理システムに「Oracle Exadata」など3製品を導入
日本オラクルは10月15日、三井住友銀行の新顧客管理システム構築に向けて、高速データベ...