Spencer F. Katt

敵も味方も雲の中

2008/05/09


 敵の敵は味方だとすると、味方の敵は敵だろうか? それなりの学識を持つと自負する吾輩でさえ、セールスフォース・ドットコム、グーグル、そしてマイクロソフトの3社が離合集散を繰り返す背景を理解するまでには、少なからず時間を要した。

 であるから、一部のアナリストたちがいまだに「Salesforce」と「Google Apps」のアプリケーション・マッシュアップに当惑していることも、まぁ、分からないわけではない。ガートナーのアナリスト、トム・オースティンは考えた。なぜセールスフォース・ドットコムはそんなことをするのだろう?

 セールスフォース・ドットコムがCRM製品で狙っているのは、エンタープライズユーザーだ。一方、グーグルはAppsに近寄ってくる一般ユーザーに投網をかけようとしている。グーグルはビッグビジネスの求めるSLA(サービス品質保証契約)を提供しないので、当然、Google Appsのユーザーにエンタープライズユーザーは含まれないはずだ。

 「Google Appsはエンタープライズ向けではない。少なくとも、いまのところは」と、オースティンは語る。「多くのユーザーが無料のGoogle Appsを単なるサプリメント程度に見ている現状では、とくにそうだろう。しかし、タダのものに金を払う必要はない。”無料”のソフトとサービスゆえに支払い義務が生じないのであれば、企業にとってGoogle Appsはどうでもいい話だ。導入が成功すればそれでよし。失敗しても誰も気にしない」

 じつは、そこに疑問を解く鍵がある。「グーグルにとってはそうしたステルスモードこそ、エンタープライズ市場へ深く浸透する最も抵抗の少ない方法なのだ」と、オースティンは結論付けた。

 なるほど。では、セールスフォース・ドットコムはこの先、Microsoft Outlookとの統合化を放り投げることになるのだろうか?

 いや、どうもそうではないようだ。オースティンはこう続ける。「グーグルの戦略は誰も傷つけない。”敵の敵は見方”という考え方は、もはや意味を成さない。重要な点は、特定の分野に限定されない長期的な利益を狙うクラウドPRであることだ」

 吾輩はさきごろラスベガスで開催された「ガートナー・シンポジウム/ITエキスポ」の取材メモを読み返しながら、そうしたクラウドコンピューティング開発は、マイクロソフトにとってどのような意味を持つだろうと考えた。

 マイクロソフトはいまWindows Liveプラットフォームをめぐって、メディアや専門家、さらにはグーグルからも激しく非難されている。同プラットフォームは、基本的にはマイクロソフトのコア・デスクトップ機能上に構築したSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)だ。同社は、Windows Liveをグーグルやセールスフォース・ドットコムなど、強豪が先行するクラウドコンピューティングへ参入するための足がかりにしたいと考えているのだ。

 ガートナーのデビッド・ミッチェル・スミスは、シンポジウムの会合で吾輩に「Windows Liveはよくできている」と述べ、マイクロソフトのやり方にいつものような「容赦のない感じ」はしないと話した。

 ではなぜマイクロソフトは、Windows Liveでこれほど叩かれているのだろう? スミスによると、原因はVistaにあるという。Vistaをめぐる社内のドタバタが表面化し、何人かのエグゼクティブが同社を離れるなどしたことが、どうやらWindows Live批判の流れを加速したらしい。

 スミスはまた、「ハイテク業界は”クラウドこそ王様”と主張することに否定的だ」とも話した。まだまだトラディショナルなパッケージアプリケーションにも発展する余地は十分残っているという。

[英文タイトル] Keep track of friends, enemies

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Marketoはどこに向かう?――Google Cloud Platformとの協業、ABM、AIへの注力etc.
「The Marketing Nation Summit 2017」におけるMarketo本社幹部の講演から、同社の今後の...

凸版印刷、カタログのQRコードで即時決済できる物販支援決済サービスを提供
凸版印刷は、販促媒体に商品紹介と合わせて専用のQRコードを掲載することで商品販売を実...

店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売...