DSML (Directory Service Markup Language)

ディー・エス・エム・エル

 XMLを用いて、ディレクトリサービスの情報を記述する言語である。ディレクトリサービスのプロトコルとしてはLDAP(Light Weight Directory Access Protocol)が有名であるが、LDAPによって受け渡される内容を記述する言語としてDSMLは位置付けられる。

 DSMLは、開かれた標準としてDSML Initiativeと呼ばれるグループにより開発されている。

 以下はDSML文書の一例である(Directory Services Markup Language仕様書より引用)

<dsml:entry dn="uid=prabbit,ou=development,o=bowstreet,c=us">
<dsml:objectclass>
  <dsml:oc-value>top</dsml:oc-value>
    <dsml:oc-value>person</dsml:oc-value>
    <dsml:oc-value>organizationalPerson</dsml:oc-value>
    <dsml:oc-value>inetOrgPerson</dsml:oc-value>
  </dsml:objectclass>
  <dsml:attr name="sn">
     <dsml:value>Rabbit</dsml:value>
   </dsml:attr>
  <dsml:attr name="uid">
    <dsml:value>prabbit</dsml:value>
   </dsml:attr>
  <dsml:attr name="mail">
    <dsml:value>prabbit@dsml.org</dsml:value>
  </dsml:attr>
  <dsml:attr name="givenname">
    <dsml:value>Peter</dsml:value>
   </dsml:attr>
  <dsml:attr name="cn">
    <dsml:value>Peter Rabbit</dsml:value>
   </dsml:attr>
</dsml:entry>

関連記事

関連用語

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH