Dublin Core

ダブリン・コア / Dublin Core Metadata Element Set

 Dublin Coreは、Dublin Core Metadata Initiativeが制定した、メタデータを記述する標準仕様である。ただ機能を増やすことよりも、限定された少数の要素(core elements)を標準化し、現実に使えるメタデータを目指している点が特徴である。

 以下は、仕様書である「Dublin Core Metadata Element Set, Version 1.1: Reference Description」自身に関する情報を記述した、Dublin Core文書の例である。

<?xml version="1.0" ?>
<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
  <rdf:Description about="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
    <dc:title>The Dublin Core Element Set Version 1.1</dc:title>
    <dc:creator>Dublin Core Metadata Inititative</dc:creator>
    <dc:description>The Dublin Core is a simple metadata element set intended to facilitate discovery of electronic resources. This document presents the proposed new definitions for the Dublin Core metadata elements.</dc:description>
    <dc:date>1999-07-02</dc:date>
  </rdf:Description>
</rdf:RDF>

 

関連記事

関連用語

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH