JavaScript / ECMA Script

LiveScript / JScript

 HTMLで記述されたWebページなどに埋め込むために使用されることの多いプログラム言語(スクリプト言語)。もともと、米Netscape Communications社が、Netscape Navigatorで使用するHTMLへの埋め込み用スクリプト言語として、開発したものである。当初は、LiveScriptと呼ばれていたが、同時期に本格プログラム言語のJavaが登場して流行したため、それにあやかって、JavaScriptと改称した。このような経緯であるため、JavaとJavaScriptは一部の構文が似ているだけで、根本的に異なるプログラム言語である。

 米Microsoft社は、JavaScriptをInternet Explorerに実装する際に、JScriptという名前を与えている。

 公的には、ECMAが「ECMA-262 ECMAScript Language Specification」として標準化している。

 しかし、実装間の機能の相違や、独自拡張などが多いことも知られており、実行される処理系を判定して動作を切り替えるようにスクリプトを記述することも多い。

 以下はHTMLに埋め込まれたスクリプトの例である。

<HTML>
<BODY>
<SCRIPT Language="JavaScript">
<!--
document.writeln("Hello!");
// -->
</SCRIPT>

</BODY>
</HTML>

 

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH