XMLパーサ

XML Parser

 XML文書は通常テキストファイルとして存在している。しかし、XMLにはさまざまな表記方法が許されており、XMLを処理するアプリケーションソフトを記述することは、そこそこの手間が必要である。しかし、XML文書の書式はある程度決まっているため、XML文書を読み込んで、よりアプリケーションソフトから利用しやすい形に噛み砕く処理は、共通のものとなる。これを単独で取り出したものを、XMLパーサと呼ぶ。

 通常、XML文書を扱うアプリケーションソフトウェアを記述する場合には、XML文書を直接扱わず、XMLパーサを経由させることが一般的である。また、XML文書は不特定多数の情報交換に利用されることも多いため、機能に誤りがあると問題を引き起こす可能性があるため、実績が豊富なXMLパーサを採用することが推奨される。

 アプリケーションソフトからXMLパーサを呼び出す場合には、主に標準化されたAPIを使用する。標準APIには、DOMやSAXなどがある。

 XMLパーサの中には、ただ単にXML文書を扱いやすいように噛み砕くだけでなく、DTDなどのスキーマ言語に沿って内容の正しさを検証したり、XML文書の作成や編集の機能まで提供するものもある。

関連記事

関連用語

XML
XML文書
DOM
SAX
DTD
スキーマ

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH