SAX (The Simple API for XML)

サックス

 XMLパーサの標準APIの1つである。DOMと異なり、W3Cではなく、草の根の運動によって開発された経緯を持つ。しかし、草の根とはいえ、非常に有用であるため、現在では業界のスタンダードの1つである。

 SAXはDOMと異なり、文書を先頭から順に読み込んでいき、そこで発生したイベントを経由して情報をアプリケーションプログラムに伝達する。DOMの場合はXML文書全体の構文解析が終了し、DOMツリーができるまではアプリケーションプログラムは何の情報も得ることはできないが、SAXの場合は解析中に分かったことから順次伝達するため、構文解析の終了まで待たずに処理を開始できる。

 また、DOMはXML文書全体の構文解析の結果をメモリ上に構築する(構文木やDOMツリーと呼ばれる)。そのため、巨大なXML文書を解析させた場合、それに応じた巨大なメモリを要求される。これに対して、SAXでは解析結果をイベントとしてアプリケーションプログラムに渡した後でそれを保持しないので、どんな巨大なXML文書でも、小さなメモリで解析することができる。

関連記事

関連用語

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH